インプラントを安全に行うためには|大分県別府市【インプラント】新港イトセ歯科

インプラント治療の症例集/ PAGE3

Case01
Case01画像1 Case01画像2
No image No image

症例解説

上下オールオン4で治療。初診時は虫歯と歯周病で噛めませんでしたがインプラント治療後は何でも噛めるようになり美しい歯を手にいれられました。上下プロセラインプラントブリッジのチタンで製作。

Case02
Case02画像1 Case02画像2
Case02画像3 No image

症例解説

上顎8本のインプラントで12本のジルコニアの歯を固定しました。発音もしやすくなり咬み合わせも安定しましたので全く違和感がないと評価をいただきました。ジルコニアは歯垢がつかないのと破損が極めて少ない素材ですので現在当院ではほとんどの症例で採用しております。

Case03
Case03画像1 Case03画像2
No image No image

症例解説

上顎オールオン4で治療し安定したかみ合わせと審美性を手に入れ人前でも安心して会話ができると満足されております。上下ともプロセラインプラントブリッジで治療。

Case04
Case04画像1 Case04画像2
No image No image

症例解説

上下4本のインプラントで全顎的治療を行いました。プロセラインプラントブリッジにより上下の歯でしっかり噛める様になりました。

  • インプラント1本16~24万円(税込)
  • ※インプラント治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は3~6ヶ月、治療回数は6~15回程度です。
  • ※インプラント治療終了後は年に3~4回程度定期健診に来院するようにご説明しておりますがそれに応じない方や個人のブラッシングの状況によりインプラント周囲に炎症が起こる場合がございます。
  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2021/8/26部分入れ歯をインプラントにするメリットとは
急な事故や怪我、虫歯や歯周病などによって歯を失ってしまった場合、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」などの治療法があります。
2021/7/13インプラントを併用した入れ歯「オーバーデンチャー」とは
歯を全て失ってしまった場合や、ほとんどの歯を失った際に、歯の機能や見た目を回復させるための治療が必要になります。入れ歯とインプラントを併用する治療法があり、これを「オーバーデンチャー」といいます。
2021/6/4喫煙はインプラントのトラブルに繋がります
一喫煙をしている場合、インプラント体と骨の結合を阻害し、また治療後のトラブルを引き起こすリスクが高くなってしまうのです。その点についてご説明いたします。
2021/5/27即時負荷インプラントのメリットとデメリット
一定の条件を満たすことができれば、手術の当日に仮歯を装着することができる「即時負荷インプラント」のメリットとデメリットとは

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×
インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る