歯の表面がザラザラする??|大分の新港イトセ歯科

歯の表面がザラザラする?原因と対処法

毎日しっかりと歯を磨いているのにもかかわらず、舌で歯の表面を触るとザラザラすると感じたことがある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。この歯の表面がザラザラする原因によっては、すぐに対処した方が良い場合もあるのです。

歯の表面がザラザラする原因

歯垢や歯石

食事の後に適切なケアが不十分なことが原因で、口腔内に食べカスや細菌の塊である歯垢(プラーク)が溜まってしまいます。中でも歯垢は、一般的に食後4時間〜8時間で形成され、歯と歯茎の隙間や歯面に付いてしまうため、舌で触ったときに歯面に付いた歯垢によってザラザラした感じがするのです。歯垢は適切なブラッシングによって除去できますが、ケアが不十分で残ってしまうと唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンなどのミネラルと結合することによって石灰化してしまい、歯石となって歯に強固に付着します。歯石は約2日ほどで形成されてしまい、一度歯石ができてしまうとご自身のブラッシングだけでは除去することができなくなり、さらに歯石の表面はザラザラしているので、歯垢がますます溜まってしまうのです。歯磨きをしてもザラザラした感触がある場合は、歯垢の磨き残しや歯石が付着していることが原因である可能性が高いので、注意が必要です。

初期の虫歯

食べ物には酸性のものが多く、食事を摂ることで口腔内が酸性に傾きます。また、磨き残しがあることで、歯垢の中の細菌が食べカスに含まれる糖をエサとして作りだす酸によって、歯の表面のエナメル質からミネラルが溶かされる「脱灰」を起こしてしまいます。通常は唾液の再石灰化作用によって、溶けだしたエナメル質が修復されるのですが、不衛生な口腔内では脱灰ばかりが進んでしまうため、エナメル質は溶かされ続け虫歯になってしまいます。初期の虫歯は自覚症状がほとんどありませんが、エナメル質の色が白っぽく表面がザラザラした感触になります。

歯面に傷が付いている

ご自身のブラッシングが適切におこなわれていない場合も、歯の表面がザラザラする原因になることがあります。ブラッシングの際に力を入れて磨いたり、研磨剤が入っている歯磨き粉を使用しての磨き過ぎは、歯の表面のエナメル質に目に見えない小さな傷が付いてしまいます。また、歯の表面のザラザラや汚れが気になってしまい、つい力を入れて磨いてしまうと、逆にザラザラする原因となってしまうので気を付けましょう。

歯の表面の亀裂や欠け

歯ぎしりや食いしばりの癖があったり、外傷などによって歯に対して強い負荷がかかってしまった場合、歯面に亀裂ができたり欠けてしまうことによって、歯の表面がザラザラと感じることがあります。

歯の表面がザラザラする場合の対処法

ご自身でのセルフケア

歯垢は毎日の正しいセルフケアで除去することができます。そのため、食後は必ず歯磨きをして口腔内を清潔に保つようにしましょう。特に就寝中は、唾液の分泌量が少なくなり口腔内に細菌が繁殖しやすくなるので、寝る前の歯磨きはより丁寧におこなうことが大切です。歯と歯茎の間や奥歯の溝などは、歯ブラシが届きづらく磨き残しが多いので、意識して磨きましょう。

ブラッシングの際に力を入れ過ぎてしまう場合は、柔らかな毛先の歯ブラシを使用して力が入り過ぎないように一本ずつ丁寧に磨きましょう。歯ブラシの持ち方も、鉛筆を持つように握る「ペングリップ」にすることで、余計な力が入らずに小刻みにブラシを動かすことができます。また、研磨剤が入っている歯磨き粉を使用しないのも良いでしょう。 初期の虫歯によって歯の表面がザラザラしている場合も、正しいセルフケアによって改善することも可能です。細菌が糖を分解する際に作りだす酸によって、エナメル質が溶けだす「脱灰」と、唾液の「再石灰化作用」のバランスが脱灰に傾けば虫歯が進行しますが、再石灰化作用がしっかりと機能すれば初期の虫歯は修復できます。そのためにも、セルフケアで口腔内の歯垢などの細菌を少なくするよう努めましょう。

歯科医院での健診や歯のクリーニング

歯垢を除去しないと歯石となってしまいます。しかし、どうしてもご自身でのセルフケアだけでは口腔内の全ての歯垢を取り除くことはできません。そのため、磨き残した歯垢によって歯石が形成されてしまうと、ご自身での歯磨きでは除去することができなくなってしまいます。初期の虫歯もセルフケアで改善は可能ですが、痛みなどの自覚症状がないことや、見た目もわかりづらいことから放置してしまう場合も多いです。このような状態が続いてしまうと、虫歯や歯周病、その他の口腔内のトラブルの原因になってしまいますので、定期的に歯科医院で健診や歯のクリーニングを受けることが重要なのです。また、歯垢を除去するにはご自身でのセルフケアが大切になりますが、歯のクリーニングの際に歯科医院でブラッシング指導を受けることで、より正しく効果的にブラッシングをおこなえるようになります。

歯のクリーニングによって、歯垢や歯石などをキレイに除去するとともに、健診を受けることで初期の虫歯が見つかれば、再石灰化を促すフッ素湿布やブラッシング指導などの適切な処置をおこなうことによって歯を削らずに済みますので、将来的に歯の寿命を長くすることにも繋がるのです。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2020/11/30「抜く?」「抜かない?」親知らずが生えた場合の対処法
親知らずとは、「第三大臼歯」という歯列の中でも一番奥に生えてくる永久歯のことをいいます。一般的に10代後半〜20代前半に生えてくることから、親知らずと呼ばれているのです。
2020/11/14総入れ歯からインプラントにすることのメリット
総入れ歯は適用ケースが幅広く、費用を抑えることができるといったメリットはありますが、デメリットも多いため、近年では総入れ歯からインプラントにする方も多くなっています。
2020/11/4安全なインプラント治療のための「コンピューターガイドシステム」
コンピューターガイドシステムを使用することで、正確にインプラント体を埋入することにより、長期間快適にインプラントを使用することも可能です。
2020/10/29歯の表面がザラザラする?原因と対処法
毎日しっかりと歯を磨いているのにもかかわらず、舌で歯の表面を触るとザラザラすると感じたことがある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。その原因と対処法についてご説明します。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

ページトップぺ戻る