歯石除去の重要性|大分のインプラントは別府市の新港イトセ歯科

歯石除去の重要性

歯石とは

毎日しっかりと歯を磨いていても、すべての汚れを取り除くことは難しく、どうしても食べカスなどが磨き残ってしまい、時間と共に歯垢(プラーク)として歯の表面や歯と歯の隙間などに溜まってしまいます。歯垢は細菌の塊で、白くネバネバした粘着性のもので、歯の表面や歯と歯の隙間にこびり付きます。歯垢が付いた状態のまま毎日の食事をすることで、徐々に歯垢は、石灰化をして固まってしまいます。この状態を歯石といいます。一度歯石が歯に付着してしまうと、歯磨きだけは取り除くことができなくなってしまいます。

歯石と歯周病

私たちが歯を失う一番の原因は歯周病です。歯周病は、歯を支えてくれる骨を徐々に溶かしていき歯を脱落させてしまうという病気です。歯周病は初期の段階では自覚症状がないため、気が付いた時には症状が進行してしまい悪化してしまっていることが多いです。さらに歯周病菌は、口腔内だけには留まらないのです。歯周病が悪化していくと、歯の神経といわれる歯髄にまで歯周病菌は進行していき、歯髄の毛細血管の中を通って体の中に侵入していきます。血管に侵入した細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は残り、それにより血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうため糖尿病を引き起こしたり、症状を悪化させたりしてしまいます。最悪の場合は、狭心症・心筋梗塞の心疾患や脳梗塞などを命に関わる病気を引き起こしてしまう危険性があります。

歯石は歯周病を引き起こす直接の原因にはなりませんが、歯石の表目はザラザラとしているために歯垢が付着しやすく、歯周病菌はその細菌の塊である歯垢に多く存在しています。歯周病の治療をするためにも、歯石を除去することはとても重要なのです。

 

歯石除去の方法

歯石は、歯茎の上の歯石(歯肉縁上歯石)と歯茎の下の歯石(歯肉縁下歯石)に分けられます。歯肉縁上歯石は少し黄色の色をしており、目でも確認ができます。歯肉縁上歯石は、歯科医院でのスケーリングなどのクリーニングによって1~2回程度の来院で比較的簡単に取り除くことができます。しかし歯肉縁下歯石は歯茎の中にあるため、目で確認することが難しいです。しかも硬く歯にこびりつ付いているため、スケーリングなどで取り除くことが難しく時間がかかってしまいます。除去する際には、歯周ポケット(歯と歯茎の間の隙間)内に器具を入れていくため、局所麻酔を使用してから歯石を除去し、歯周病菌に汚染された歯の根面をきれいにしていくSRP(スケーリング・ルート・プレーニング)をおこないます。

スケーリングとSRPは、別日に分けておこないます。スケーリングで歯肉縁上歯石を除去し、歯茎の炎症が落ち着いてからSRPをおこなうことで、知覚過敏や、歯肉退縮のリスクを軽減させます。 歯肉縁下歯石は放置すると、歯茎がブヨブヨの状態になってしまい次第に出血が見られるようになります。さらに悪化すると、歯がグラグラし始め口臭がひどくなってきます。この状態まで悪化した場合、治療しても元の歯のように噛めなくなってしまうため、早めに歯科医院での受診をするようにしましょう。

歯石除去の方法として、歯科医院での定期的な歯のクリーニングをおこなうことで歯垢や歯石の除去し、口腔内を清潔に保つことができるのです。その方法にPMTCがあります。

PMTC

歯科医院で受けられる歯のクリーニングには、健康保険の対象になるものと保険適応外のものがあります。保険診療とならない保険適応外治療での歯のクリーニングに、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)があります。PMTCは資格を持った歯科医師さんと歯科衛生士が専用の機器を使って、歯磨きでは取りきれない歯垢や歯石、ステイン(歯の着色汚れ)などを除去します。さらにフッ素塗布などによって虫歯や歯周病から歯を守る予防歯科もおこなっているため、歯の健康にとても効果的です。

歯周病とインプラントの関係

歯周病は、歯石に付着した歯垢に多く含まれている歯周病菌によって歯を支えている歯槽骨を破壊してしてしまう病気です。天然の歯にはもちろん歯石は付きますが、人工歯であるインプラントにも歯石は付着してしまうため、歯周病になってしまうのです。 インプラントは、歯を失ってしまった際に、歯を取り戻すための治療方法です。インプラント治療とは、失ってしまった歯の部分の顎の骨にチタン製のインプラント体を埋入して、上部構造(アバットメントと人工歯)を取り付ける治療方法です。インプラントは見た目も天然の歯のように美しく、従来と同じように食べ物も噛むこともできます。このインプラントですが、人工歯のため虫歯になることはありません。しかし歯周病にはなってしまうのです。インプラントの歯周病のことをインプラント周囲炎といいます。

インプラントの周りに歯垢が溜まってしまうことで歯周病菌が増え、歯茎や粘膜が炎症を起こしてしまうインプラント周囲粘膜炎を起こしてしまいます。このインプラント周囲粘膜炎が進行すると、炎症が骨にまで至ってしまいます。この状態のことをインプラント周囲炎といいます。インプラント周囲炎が悪化すると、最悪の場合インプラントが脱落してしまいます。歯茎に痛みや出血があったり、赤く腫れていたり、インプラントがぐらつくという症状がある場合は、すぐに当院で治療を受けることをお勧めいたします。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2020/7/31インプラント治療の流れ
インプラントの治療の流れをご説明いたします。当院では、インプラント治療が可能かどうかを事前に診察・診断をおこないます。さらに、歯科用CTやコンピューター3Dシミュレーションなどの精密検査をおこなうことで、安心、安全なインプラント治療を可能にしています。
2020/7/25骨量が少ない場合でもインプラント治療を可能にする「骨移植」とは
外科手術によって骨量を増やすことができれば、インプラント治療が可能となります。それが骨移植(骨造成)という術式です。
2020/7/191ピースインプラントと2ピースインプラントの違い
インプラント体には、インプラント体とアバットメントをネジで連結する「2ピースインプラント」と、インプラント体とアバットメントが一体化した「1ピースインプラント」の2種類のタイプがあります。
2020/6/30歯を失う原因である歯根破折とは
歯根破折とは、歯の根が割れたり、ヒビが入ってしまうことをといい、歯周病と虫歯に次ぐ歯を失ってしまう原因の一つです。歯根破折の原因や予防方法はどういったものがあるのでしょうか。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る