歯を失う原因|大分のインプラントは別府市の新港イトセ歯科

歯を失う原因である歯根破折とは

歯根破折とは、歯の根が割れたり、ヒビが入ってしまうことをといい、歯周病と虫歯に次ぐ歯を失ってしまう原因の一つです。歯根破折は虫歯の進行などによって、歯の神経である歯髄を除去する治療がおこなれている歯に起こることが多いのですが、場合によっては外側からの強い衝撃が加わった神経のある健康な歯にも起こることもあるのです。 歯根の破折状態が比較的軽傷の場合は、治療をおこなうことができるケースもありますが、破折した部分が細菌感染してしまい炎症を起こしてしまうことによって、歯を支えている歯槽骨が吸収したり、隣の健康な歯に悪影響を及ぼしてしまい、更に状態を悪化させたり歯を失う原因となるため、基本的には起因となる歯の抜歯の処置がおこなわれることが多いです。抜歯の処置をおこなった際には、失った歯の機能を回復させるために「インプラント」、「ブリッジ」、「入れ歯」の治療をおこなう必要があります。

歯根破折の原因

歯髄の除去

歯の根の治療である根管治療によって歯髄を失った歯は、重度に進行した虫歯治療の処置をおこなっていることで歯が脆くなっています。それに加えて、歯髄を失ってしまい酸素や栄養が行き届かなくなるため、さらに脆くなり歯根破折を起こしてしまう場合があるのです。

歯ぎしりや食いしばり

就寝中に無意識に歯ぎしりや食いしばりをしていたり、過度な緊張やストレスがかかると食いしばってしまうような癖があると、咬合力のバランスが偏ってしまい、特定の歯に過剰な負担がかかってしまいます。過剰な負担が継続してかかることで歯根破折が起こってしまう場合があるのです。

外傷によるもの

急な事故や激しいスポーツなどの接触によって、歯に外側から強い衝撃が加わってしまった場合に、歯根破折が起こることがあります。

差し歯の土台の素材が金属製の場合

重度の虫歯治療の場合に差し歯の治療をおこなうことがあります。差し歯で被せ物を装着する際に、歯根部分に土台を差し込む必要がありますが、その際に土台が金属製の場合は、歯根に負担がかかってしまうことで破折してしまう場合があるのです。

歯根破折の予防方法

歯石は、歯茎の上の歯石(歯肉縁上歯石)と歯茎の下の歯石(歯肉縁下歯石)に分けられます。歯肉縁上歯石は少し黄色の色をしており、目でも確認ができます。歯肉縁上歯石は、歯科医院でのスケーリングなどのクリーニングによって1~2回程度の来院で比較的簡単に取り除くことができます。しかし歯肉縁下歯石は歯茎の中にあるため、目で確認することが難しいです。しかも硬く歯にこびりつ付いているため、スケーリングなどで取り除くことが難しく時間がかかってしまいます。除去する際には、歯周ポケット(歯と歯茎の間の隙間)内に器具を入れていくため、局所麻酔を使用してから歯石を除去し、歯周病菌に汚染された歯の根面をきれいにしていくSRP(スケーリング・ルート・プレーニング)をおこないます。

スケーリングとSRPは、別日に分けておこないます。スケーリングで歯肉縁上歯石を除去し、歯茎の炎症が落ち着いてからSRPをおこなうことで、知覚過敏や、歯肉退縮のリスクを軽減させます。 歯肉縁下歯石は放置すると、歯茎がブヨブヨの状態になってしまい次第に出血が見られるようになります。さらに悪化すると、歯がグラグラし始め口臭がひどくなってきます。この状態まで悪化した場合、治療しても元の歯のように噛めなくなってしまうため、早めに歯科医院での受診をするようにしましょう。

歯石除去の方法として、歯科医院での定期的な歯のクリーニングをおこなうことで歯垢や歯石の除去し、口腔内を清潔に保つことができるのです。その方法にPMTCがあります。

PMTC

歯科医院で受けられる歯のクリーニングには、健康保険の対象になるものと保険適応外のものがあります。保険診療とならない保険適応外治療での歯のクリーニングに、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)があります。PMTCは資格を持った歯科医師さんと歯科衛生士が専用の機器を使って、歯磨きでは取りきれない歯垢や歯石、ステイン(歯の着色汚れ)などを除去します。さらにフッ素塗布などによって虫歯や歯周病から歯を守る予防歯科もおこなっているため、歯の健康にとても効果的です。

歯周病とインプラントの関係

マウスピースを使用する

就寝中に歯ぎしりや食いしばりの癖がある場合は、「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースを就寝時に装着することで、歯にかかる負担を減らすとともに歯の擦り減りも防ぎます。また、噛み合う歯が直接接触することがないので、噛み合わせのバランスも調節できるため、顎関節への負担の軽減にも繋がります。

歯列矯正治療

不適合な補綴物があることで特定の歯に過剰な負荷がかかっている場合、歯科医院での作り直しや調整の処置をおこなう必要がありますが、不正咬合(悪い歯並び)や噛み合わせが悪いことが原因の場合は、歯列矯正治療をおこない歯並びと噛み合わせを整えることも選択肢の一つです。

差し歯の土台を非金属の素材にする

歯の神経を除去した歯は、酸素や栄養が行き届かなくなることで脆くなってしまう「失活歯」となります。この場合の治療として、差し歯治療をおこなう際に、歯の土台となる素材をファイバーコアなどの歯質に負担のかかりにくいものにすることで、破折のリスクが軽減する場合があります。

歯根破折で抜歯しない場合の治療法

口腔内接着法

歯根破折が起きてすぐの場合や、軽いヒビ割れ程度の破折の場合に抜歯をせずに口腔内で直接破折部分を接着する治療法です。破折した部分をキレイに洗浄した後、新しい歯質を露出させて、生体親和性の優れた接着剤で固定します。抜歯や長期間の固定の必要が無いため術式が容易で、患者さんの負担も少なくて済みます。しかし、予後が悪い場合には歯周炎を発症するケースもありますし、この方法で対応できない場合がほとんどですので予後不良の場合はやはり抜歯が必要になります。

口腔外接着再植法

破折した歯を一旦抜歯して、炎症のある部分を治療によって除去してから、抜歯した歯の破折面を処理した後、接着剤で修復して再植する治療法です。再植には1ヶ月程度固定することが必要となりますが、抜歯することで炎症部分の処置を確実におこなうことができるだけでなく、口腔内接着法よりも予後が良いという特徴もあります。この方法も上記と同様に対応できない場合がほとんどですので予後不良の場合はやはり抜歯が必要になります。

まとめ

歯根破折は歯茎の中で起こるので、ご自身で気付くまで時間がかかってしまう場合が多いです。そのため、破折した隙間から細菌感染して炎症を起こしてしまい、さらに歯茎や歯槽骨にまで炎症が広がると、骨吸収や他の健康な歯に悪影響を及ぼすこともあります。 歯根破折を放置しないために、根管治療をおこなった歯が急に痛みだす、歯茎が腫れる、噛むと痛みや違和感を生じる、差し歯の被せ物が外れるといった症状が見られた場合は、なるべく早く歯科医院で診てもらうようにしましょう。また、口腔内を健康な状態に保つためにも、定期的に歯科医院で健診を受けることをお勧めいたします。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2020/7/31インプラント治療の流れ
インプラントの治療の流れをご説明いたします。当院では、インプラント治療が可能かどうかを事前に診察・診断をおこないます。さらに、歯科用CTやコンピューター3Dシミュレーションなどの精密検査をおこなうことで、安心、安全なインプラント治療を可能にしています。
2020/7/25骨量が少ない場合でもインプラント治療を可能にする「骨移植」とは
外科手術によって骨量を増やすことができれば、インプラント治療が可能となります。それが骨移植(骨造成)という術式です。
2020/7/191ピースインプラントと2ピースインプラントの違い
インプラント体には、インプラント体とアバットメントをネジで連結する「2ピースインプラント」と、インプラント体とアバットメントが一体化した「1ピースインプラント」の2種類のタイプがあります。
2020/6/30歯を失う原因である歯根破折とは
歯根破折とは、歯の根が割れたり、ヒビが入ってしまうことをといい、歯周病と虫歯に次ぐ歯を失ってしまう原因の一つです。歯根破折の原因や予防方法はどういったものがあるのでしょうか。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る