正しいオーラルケアとは|大分県別府市の新港イトセ歯科

正しいオーラルケア

私たちは毎日の生活の中で、子供の頃から日々歯磨きをする習慣が身についていることかと思います。虫歯を予防し、口腔内を清潔に保つオーラルケアとして、とても重要な役割を担っている歯磨き。しかし日々の習慣として行っていた歯磨きは「正しい歯磨き」なのでしょうか?歯磨きの仕方などによっては、口腔内を清潔に保つどころかむしろ逆効果になる恐れもあるのです。 それでは正しい歯磨きの方法など、口腔内を清潔に保つオーラルケアにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?

オーラルケアとは?

オーラルケアとは、歯ブラシやマウスウォッシュ、歯間ブラシや舌専用ブラシなど口腔内を清潔に保つためにケア用品を使用する口腔ケアのことです。多くの方がオーラルケアについては毎日しっかりと歯磨きをしているから大丈夫だと思っているのではないでしょうか。しかし歯磨きだけでは口腔内を清潔な環境にすることは難しいのです。オーラルケアが十分に出来ていない事は、ご自身で口の中を鏡などを見て確認することができます。主な例として、歯と歯茎の間に白っぽい塊の歯垢(プラーク)が溜まっていたり、歯が全体的に黄ばんでしまっていたり、歯茎が赤く腫れていて歯ブラシが当る際、出血してしまうなどの歯や歯茎の状態が確認できます。

さらに口臭がきつくなったり、口の中がネバネバした感じが続いていたり、舌の表面に白い苔のようなものが多くついていたりという歯や歯茎以外の口腔内の状態が見られた場合、適切なオーラルケアが出来ていない場合が多いため、オーラルケアの方法を今一度、ご自身で見直す必要があるのです。

オーラルケアが出来ていない原因

正しい歯磨きが出来ていない

歯磨きは、ただ磨けば良いというわけではありません。間違った歯磨きをしてしまうと磨き残しが増えてしまい、歯垢が増える原因になってしまうだけでなく、歯茎自体も傷つけてしまいます。それが原因で虫歯や歯周病になってしまうこともあるのです。歯を磨く際は、歯だけではなく、歯と歯の間や専用のブラシを使っての舌磨きもおこなうようにしましょう。

口腔内が乾燥している

口腔内の乾燥は雑菌やウイルスの繁殖に繋がります。雑菌などの繁殖を防いで口内環境を清潔に保つ役割をするのが、唾液です。唾液には自浄作用があるため、口内環境を清潔に保つ働きをしますが、就寝時は唾液の分泌が少ないため口腔内の雑菌が増えやすくなります。雑菌やウイルスをそのまま体内に入れないように、朝起きてからまず最初にうがいをするようにしましょう。また、朝御飯の前の歯磨きも効果的です。さらに普段から口呼吸をしている人も、唾液の分泌が減るため雑菌が繁殖しやすくなり、食べかすなども残ってしまうため、口内環境の悪化に繋がります。

昔治療した詰め物や被せ物

子供の頃、歯の治療の際に歯科医院で光沢のない銀色の詰め物や被せ物をして、いまだにつけたままの歯には、水銀を約50%含んだアマルガムといわれる合金が入っている可能性があり、そのアマルガムに含まれた水銀は口腔内で腐食しながら少しずつ溶け出して体内に蓄積されるといわれています。さらに腐食した部分が虫歯の原因になることも多いのです。現在30代以上の方で光沢のない銀色の詰め物や被せ物をしているかもしれないと思う方は、一度歯科医院で検診することをお勧めいたします。

正しいオーラルケアとは

オーラルケアは歯だけを綺麗にするだけではいけません。歯茎や舌などの口腔内全体のケアが必要なのです。

正しい歯磨きをしましょう

飲食をした際は必ず歯磨きをするようにしましょう。歯磨きを怠ると食べかすやプラークが溜まってしまい、虫歯や歯周病などの原因となる細菌の集合体であるバイオフィルムが形成されてしまいます。そのため最低でも1日2回、朝晩の食後の歯磨きをするようにしましょう。その際、歯ブラシは様々な種類のものがあり、どれを使うのが良いのか悩む方も多くいらっしゃると思います。ご自身にあった歯ブラシを使うこともオーラルケアに重要なのです。歯ブラシの硬さや、ヘッドの大きさ、持ち手の形など様々ですが、一人一人の口腔内は違うため、どの歯ブラシがご自身に一番適しているのかを歯科医院でのメンテナンスの時や、歯の治療の時に医師に聞いてご自身にあった歯ブラシを使うことをお勧めいたします。

歯間ブラシやデンタルフロスを使いましょう

歯ブラシだけではどうしても磨ききれないところがあります。その際、歯間ブラシやデンタルフロスを使って歯茎の間や奥歯の隙間などの細かいところを丁寧に磨き、食べかすや汚れをきれいに取り除きましょう。

フッ素入りの歯磨き粉を使いましょう

フッ素には溶け出したカルシウムイオンやリン酸イオンを歯に戻す「再石灰化」を促進して歯を修復し、酸に強い丈夫な歯を作る作用があります。さらに虫菌の活動を抑えて酸を作りにくくし脱灰(カルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出すこと)を抑制する働きがあります。そのためフッ素入りの歯磨き粉を使用して歯磨きをすることも正しいオーラルケアに繋がるのです。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2019/6/25歯は健康の原点
私たちの歯は、体の健康と大きく関係しています。物をしっかりと噛めることが、私たちの健康に大きく関わっているのです。
2019/6/11糖尿病とインプラントの関係
糖尿病という病気は、インプラント治療にも大きく関係しているのです。その関係性をご説明いたします。
2019/6/4唾液腺の疾患
慢性の唾液腺炎は、舌下腺と顎下腺に起こりやすいのが特徴です。
2019/5/29インプラントと入れ歯の違い(その2 インプラントについて)
食事の際に天然の歯とほとんど変わらないくらいしっかりと噛めるインプラントとは。
2019/5/20審美歯科治療
当院でもおこなっている審美歯科治療とは具体的にどのような治療法があるのかをご説明いたします。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る