インプラントは天然歯と同じように噛めるのか|大分県別府市の新港イトセ歯科

インプラントは天然歯と同じように噛めるのか

急な事故や怪我、虫歯や歯周病によって歯を失ってしまった場合に、歯の機能や見た目を回復する主な治療方法として、インプラント、入れ歯、ブリッジ治療があります。その中でも、インプラントは審美的にも優れており、噛む力も天然の歯のように噛むことができる治療法です。

インプラントは天然歯と同じように噛めるのか

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根であるインプラント体を埋入する外科手術を伴います。現在のインプラント体の素材は、主にチタンが使用されていますが、チタンが使用されるまでは様々な材料がインプラント体として使用されていました。しかし、人の体は自分以外の細胞や人工物が体内に取り込まれた場合に、強い拒絶反応を起こしてしまう性質があり、どれも体が異物と認識してしまい良い結果を得ることができませんでした。しかし、チタンが生体親和性に優れた素材で、体内に取り込んでも拒絶反応を起こさずに骨としっかりと結合する性質であることが発見されてから、インプラント体として使用されるようになりました。この、骨とチタンが結合する「オッセオインテグレーション」を利用することで、インプラント体と顎の骨が強固に結合するため、まるで天然の歯のようにしっかりと噛むことができるのです。他の補綴治療法である、入れ歯やブリッジは顎の骨と直接結合していないため、噛む力は天然の歯よりも劣ってしまいます。

天然の歯のように噛めることは、インプラントの大きなメリットだといえるのです。

インプラントと天然の歯の違い

歯根膜の有無

インプラントは見た目も美しく、天然の歯のように噛むことができますが、天然の歯とは違います。天然の歯は、顎の骨と直接結合して埋まっているのではなく、歯周靭帯と呼ばれている「歯根膜」という多くの細かい靭帯で支えられています。人の噛む力は、ご自身の体重と同じくらいの力があるといわれており、毎日の食事の際に歯には強い力がかかっています。その衝撃をクッションのように吸収して、力を分散する働きを担っているのが歯根膜なのです。歯根膜があることで、歯に強い負荷がかかることを防いでいるのですが、インプラントにはこの歯根膜がありません。そのため、噛んだ際にかかる力が直接骨へ伝わってしまうのです。

また、歯根膜には噛む力を感知する知覚神経が通っているため、過度な力が歯にかかった場合に、反射的に力を緩めるという反応を起こすことで、無理な力がかからないように力をコントロールする働きをしているのですが、インプラントの場合は歯根膜が無いため、骨を痛めるような強い力がかかっても回避することができないのです。これらは、噛み合わせをしっかりと調整することで、特定の歯に強い負担がからないようにすることが可能です。しかし、就寝中に歯ぎしりや食いしばりの癖がある方は、注意が必要です。この場合、就寝中にナイトガードを使用することで歯にかかる負荷を軽減することができるため、使用すると良いでしょう。

血液供給が天然の歯よりも少ない

歯根膜は、知覚神経だけでなく血管も通っているため、天然の歯には歯根膜、歯槽骨、歯肉の三方向から血流が供給されています。そのため、もしも細菌による炎症が起きたとしても、好中球が多く存在するので十分な抵抗力を発揮してくれます。しかし、インプラントの場合は血流供給が歯槽骨と歯肉の二方向からしか血液供給がないため、天然歯に比べて好中球が少なく抵抗力が低いので、歯垢(プラーク)の付着などによって歯周組織に炎症が起きてしまうと、悪化しやすい傾向にあります。さらに天然の歯の歯肉には、歯面に対して水平・垂直方向に繊維が付着しているのですが、インプラントの場合は繊維が歯面に対して垂直方向にしか付着していないため、付着力が弱く剥がれやすいだけでなく、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」になるリスクも高くなってしまいます。

歯科医院での定期的なメンテナンスをおこないましょう

インプラントは、治療後のご自身でのお手入れはもちろんですが、歯科医院での定期的なメンテナンスがとても重要です。ご自身でのお手入れだけでは、どうしてもすべての歯垢などの汚れを取り除くことはできません。また、噛み合わせも徐々に変わっていくこともあるため、定期的なメンテナンスによってご自身では取り除くことができない歯垢や歯石を除去したり、噛み合わせの調整をおこなうことで、インプラントを快適に使用することができるのです。しかし、メンテナンスを怠ってしまうことで、インプラント歯周炎や噛み合わせが悪くなる場合もあり、結果的にインプラントの寿命を短くしてしまいます。 天然の歯のようにしっかりと噛むことのできるインプラントを長く使用するためにも、歯科医院での定期的なメンテナンスは必ずおこなうようにしましょう。

歯科記事一覧はこちら>>

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2020/7/31インプラント治療の流れ
インプラントの治療の流れをご説明いたします。当院では、インプラント治療が可能かどうかを事前に診察・診断をおこないます。さらに、歯科用CTやコンピューター3Dシミュレーションなどの精密検査をおこなうことで、安心、安全なインプラント治療を可能にしています。
2020/7/25骨量が少ない場合でもインプラント治療を可能にする「骨移植」とは
外科手術によって骨量を増やすことができれば、インプラント治療が可能となります。それが骨移植(骨造成)という術式です。
2020/7/191ピースインプラントと2ピースインプラントの違い
インプラント体には、インプラント体とアバットメントをネジで連結する「2ピースインプラント」と、インプラント体とアバットメントが一体化した「1ピースインプラント」の2種類のタイプがあります。
2020/6/30歯を失う原因である歯根破折とは
歯根破折とは、歯の根が割れたり、ヒビが入ってしまうことをといい、歯周病と虫歯に次ぐ歯を失ってしまう原因の一つです。歯根破折の原因や予防方法はどういったものがあるのでしょうか。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る