インプラントと差し歯の違いとは|大分県別府市の新港イトセ歯科

インプラント周囲炎とは

インプラントの歯は虫歯になることはありません。しかし歯茎などのインプラントを支える組織が歯垢(プラーク)や歯石により細菌感染を起こしてしまうことによって歯茎が炎症を起こしてしまい、歯周病になってしまいます。この症状のことをインプラント周囲炎といいます。

インプラントの歯は、天然の歯に比べると炎症への抵抗力が低いため、細菌感染を起こしてしまうと歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなり、歯槽骨(インプラント治療の際、土台となる歯茎の内側にある骨)や顎の骨が吸収されるため、骨吸収の進行が早まります。さらにインプラント周囲炎は、天然の歯の歯周病よりも進行がとても早く、自覚症状があまりないため、ご自身が気付いたときにはインプラント周囲炎が進行してしまっている場合も多いのです。最悪の場合インプラントが脱落してしまう危険性もあるため、日頃のご自身のお手入れや、歯科医院での定期的メンテナンスがとても重要となります。

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎は、細菌の塊である歯垢や歯石により、歯茎が細菌感染を起こしてしまうため、歯茎が炎症してしまい、進行が進んでしまうとインプラントを支える顎の骨にまで炎症してしまい、インプラントが脱落してしまう場合もあります。 実はこのインプラント周囲炎は、全身の疾患や生活習慣とも大きく関係しているのです。

糖尿病

糖尿病の患者さんは、血糖値が高いことから免疫力が低下してしまい、感染症のリスクが高まるためインプラントの手術後、切開した部分などから細菌が入り込み炎症を起こす危険性が高まります。また傷口の回復も遅いため、インプラントが骨結合しにくくなるため、インプラント周囲炎を引き起こしやすくなります。

喫煙

タバコのに含まれる一酸化炭素は、血管からの体への栄養や酸素の供給を妨げます。さらにニコチンは、歯茎に酸素や栄養を供給するのに大切な血管を収縮させてしまうため血行が悪くなってしまうため、術後の回復が遅くなり、骨結合にも悪影響を与えるためインプラント周囲炎の発症リスクを高めます。

メンテナスを疎かにする

インプラント治療後の日々のご自身での正しいお手入れや歯科医院での定期的メンテナンスをおこなわず、疎かにしていることはインプラント周囲炎の発症や、進行を早めてしまうリスクを高くしてしまいます。正しい歯磨きやお手入れをすることや、歯のクリーニングで歯垢や歯石を取り除いたりといったメンテナンスをおこなうことは、インプラント周囲炎の予防にも繋がります。

インプラント周囲炎の治療法

インプラント周囲炎の治療法は症状によっても違います。インプラント周囲炎になる前の、インプラントとその周囲の粘膜にのみ起こる炎症のことを、インプラント周囲粘膜炎といい、症状も軽度なのですが、症状が進行してしまってインプラント周囲炎を引き起こしてしまわないように治療が必要となります。

主に、歯科医院で今の歯の健康状態を確認したり、噛み合わせのチェック、歯周ポケットの洗浄や、歯科医師や歯科衛生士などのプロの手で行われるPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)による、通常の歯磨きでは落とすことが出来ないバイオフィルム(細菌の集合体)を、専用の器具を使って落とす歯のクリーニング、歯科医師や歯科衛生士による正しい歯磨きの仕方などのご自身でできるセルフケアの指導などが治療内容となります。しかしインプラント周囲炎になってしまい、さらに症状が進行してしまった場合は、外科的治療をおこなうことがあります。

麻酔をして歯茎を剥がし、骨やインプラント体が見える状態にして、内部に溜まった歯垢や歯石、バイオフィルムなどを取り除く「切除療法」や、骨移植や骨の再生を促す治療法のGBR(骨誘導再生法)、上顎の歯茎を切り取り、歯根の周りに移植する治療法のFGG(遊離歯肉移植術)などにより、退縮した歯茎や骨の量を増やす「再生療法」などがあります。

インプラント周囲炎を予防法

インプラント周囲炎を予防するために大切なのは、やはり日々のご自身での正しい歯磨きなどのご自身でのセルフケアをすることが第一です。セルフケアの徹底により、歯に付着した歯垢をしっかりと取り除き、口の中を清潔に保つことができるのです。

当院では、トラブルを防ぐためにも、定期的に歯の点検や、歯のクリーニング、噛み合わせのチェックなどをおこなうために、メンテナンスでのご来院をお願いしております。 インプラント治療に多くの費用と時間をかけて、食べ物を美味しく噛むことができる生活を取り戻したのですから、快適な生活、そして健康な歯を維持するためにもインプラント周囲炎を予防することは大切なのです。

インプラント周囲炎を予防するためにも、定期的に歯の点検、クリーニング、噛み合わせのチェックなどを行うことが大切となりますので、メンテナンスにご来院をお願いしております。(年に3回程度) 

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2019/1/16歯周病は歯を失う大きな要因となります
増えてしまった歯垢や歯石によって、歯茎が細菌感染を起こしてしまい、歯茎が炎症を起こしてしまいます。
2019/1/16歯がなくなってて放置してても大丈夫?
急な事故やケガなどで歯を失って放置していたらどうなるでしょうか?
2019/1/15インプラントと骨結合
生存率の高い、チタンが骨と結合するという特質をもっていたことから、インプラントは「骨結合型インプラント」へと移行していきました。
2019/1/12インプラント周囲炎とは
メンテナンスを怠るとインプラントを支える組織が歯垢(プラーク)や歯石により細菌感染を起こしてしまうことによって歯茎が炎症を起こしてしまい、歯周病になってしまいます。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る