インプラントを長持ちさせる「オーバーホール」|大分県の新港イトセ歯科

インプラントを長持ちさせる「オーバーホール」とは

インプラント治療によって歯の機能や見た目を回復させた後は、年に3回程度の頻度で歯科医院でのメンテナンスを受けることが必要になります。メンテナンスでは口腔内やインプラントの状態の確認や、X線撮影によってインプラント体の確認、噛み合わせの調整などをおこない、インプラントをそのまま問題なく使用できるかどうかの判断をおこないます。

また歯のクリーニングをおこない、ご自身では除去することができない歯茎の中の歯石や、細菌の集合体であるバイオフィルムなどの汚れを専門的な機器を使用して除去します。しかしながら、歯科医院でのメンテナンスを受けているからといって、インプラントを含む口腔内が完全に衛生的な状態を保ち続けていけるとは限らないのです。 インプラントは天然歯よりも歯垢(プラーク)などの細菌が増殖しやすく、少しでもご自身のブラッシングを怠ったりするだけで、口腔内の衛生状態が悪化してしまう可能性も考えられるのです。そのため、インプラント体とネジで接合されている上部構造のアバットメントを取り外し、細かく洗浄をおこなう「オーバーホール」が重要となるのです。

インプラントのオーバーホールとは?

インプラントのオーバーホールは、インプラントの上部構造を一旦インプラント体から取り外し、接合部分をキレイにしてから再度装着し直す清掃方法です。上部構造を装着した状態でおこなう歯のクリーニングとは違い、上部構造を取り外し接合部分の清掃をおこなうことで、微細な雑菌や細菌などもしっかりと除去することができるのです。

インプラントは「インプラント体」「アバットメント」「人工歯」にパーツ分けされるのですが、インプラント体とアバットメントのネジで接合されている部分は、インプラントの中でも雑菌が付着しやすい箇所なのです。そのため、口腔内が不衛生な状態でインプラントを使用し続けることにより、接合部分に雑菌や細菌が繁殖してしまい、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」に罹患するリスクが高くなります。一度インプラント周囲炎に罹患してしまうと、ご自身で気付きにくいだけでなく、天然歯の歯周病よりも進行が早いので、歯槽骨にまで炎症が広がり骨を溶かし始めます。歯槽骨が溶かされ続けてしまうと、インプラント体を一度除去して治療しなければならなくなる恐れもあるのです。インプラントは人工歯なので、天然歯よりも細菌が繁殖しやすく歯周病に罹患しやすいといわれていることから、歯周病を未然に防ぐためにも定期的なメンテナンスとともにオーバーホールが非常に重要なのです。ただし、インプラント体にはインプラント体とアバットメントが一体化した「1ピースタイプ」があり、この場合オーバーホールはおこなうことができないのでアバットメント部分に何らかのトラブルが起こった場合は、インプラント体ごと撤去しなければいけない可能性もあるため注意が必要です。

オーバーホールの頻度や費用

オーバーホールは歯科医院で定期的におこなうことが大切なのですが、頻度としては一般的に数年に1度おこなうことが良いとされいます。ただし、口腔内の状態やご自身でのブラッシングの技術、歯科医院によってオーバーホールをおこなう頻度は異なりますので、詳しくは歯科医院に確認するようにしましょう。

頻度に違いはありますが、オーバーホールは通常の歯科医院でのメンテナンスでは除去することができない微細な汚れを取り除く作業であるため、最低でも5年に1度程度おこなうことが良いといわれています。いくら定期的にメンテナンスを受けていたとしても、オーバーホールをしていないことでインプラントの状態が悪化してしまう場合もあるのです。 オーバーホールは基本的に保険適用外治療(自由診療)になるので、費用は地域や歯科医院によって異なりますが、一般的な費用は1回につき3000円~10000円程度必要になります。オーバーホールの内容によって費用は多少変わりますので、インプラント治療前にオーバーホールについても歯科医院に確認することをお勧めいたします。

まとめ

インプラント治療によって機能的・審美的に優れた人工歯を手に入れることができれば、一生快適に使用できると思っている方もいらっしゃいます。しかし、各インプラントメーカーが保証する寿命を設定していることからも、適切なケアを怠るとインプラントの寿命は短くなってしまいます。そのためご自身でのセルフケアを正しくおこない、歯科医院での定期的なメンテナンスを適切に受けるとともに、適切な頻度でオーバーホールをおこなうことがインプラントを長く快適に使用することに繋がるのです。実際、インプラント治療を受けた患者さんの9割以上が10年以上快適に使い続けているという調査報告もありますが、適切なケアを正しくおこなうことによって、インプラントは半永久的に使用することも可能なのです。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2021/1/11インプラント矯正治療とインプラント治療の違い
インプラントとは、体内に埋め込まれる器具の総称なのですが、インプラント矯正治療と一般的にインプラント治療と呼ばれる「デンタルインプラント治療」は異なる治療なのです。
2020/12/20インプラントを長持ちさせる「オーバーホール」とは
インプラント治療によって歯の機能や見た目を回復させた後は、年に3回程度の頻度で歯科医院でのメンテナンスを受けることが必要になります。ンプラント体の確認、噛み合わせの調整などをおこない、インプラントをそのまま問題なく使用できるかどうかの判断をおこないます。
2020/12/6「インプラントを長持ちさせることに繋がる「歯のクリーニング」
インプラントと歯茎の間、アバットメント部分などに付着した歯垢(プラーク)や歯石、バイオフィルムなどを、専用の機器を使用した歯のクリーニングやオーバーホールをおこなうことによってキレイに除去できることから、インプラントを長持ちさせるためにとても重要です。
2020/11/30「抜く?」「抜かない?」親知らずが生えた場合の対処法
親知らずとは、「第三大臼歯」という歯列の中でも一番奥に生えてくる永久歯のことをいいます。一般的に10代後半〜20代前半に生えてくることから、親知らずと呼ばれているのです。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る