即時負荷インプラントのメリットとデメリット|大分県の新港イトセ歯科

即時負荷インプラントのメリットとデメリット

インプラントは、チタン製の人工歯根であるインプラント体を顎の骨に埋入し、インプラント体と顎の骨が強固に結合する「オッセオインテグレーション」の性質を利用することで、天然歯とほとんど変わらない噛み心地を得ることができます。さらに、人工歯も患者さん一人ひとりオーダーメイドで作製するので、患者さんの健康な歯に合わせた色や形を選択することによって、高い審美性を得ることも可能です。ただし、一般的なインプラント治療の場合、顎の骨にインプラント体がしっかりと結合するまで3ヶ月〜4ヶ月程度の治癒期間が必要となってしまうことから、その期間は歯がないというデメリットもあり、多くの歯を失った場合や目立ちやすい前歯を失った場合は、少しでも早く歯をいれてほしいという患者さんも多くいらっしゃいます。

しかし、近年ではコンピューターシミュレーションによる精密な治療が可能となり、それに基づいた精確な治療計画と術式が現実的になったことから、一定の条件を満たすことができれば、手術の当日に仮歯を装着することができ、その日から噛むことも可能になる治療法が開発されました。これを「即時負荷インプラント」といいます。

即時負荷インプラント

即時負荷インプラントのメリット

通常のインプラント治療では、顎の骨とインプラント体がしっかりと結合してから人工歯を装着するのですが、即時負荷インプラントの場合は手術の当日に仮歯を入れることができます。そのため、手術当日から柔らかいものであれば噛むこともできますし、歯がない期間がないことで早期に審美性を回復することも可能となるため、日常生活への影響が少ないです。また通常のインプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋入するための手術と、インプラント体と骨が結合してから上部構造であるアバットメントと人工歯を装着するために再度歯茎を切開する、2度の外科手術が必要になります。しかし即時負荷インプラントの場合、1度の手術で仮歯まで装着することができるので、患者さんの身体的負担を軽減することができるだけでなく、外科手術や治療回数が少ないことにより結果的に費用を抑えることもでき、経済的負担の軽減に繋がります。

即時負荷インプラントのデメリット

即時負荷インプラントは、患者さんが一定の条件を満たしていない場合は治療を受けることができません。また、インプラント体を埋入する手術の当日に仮歯までを装着するため、手術時間が通常のインプラント手術よりも長くなってしまいます。さらに手術後3~4週間程度は、食事制限と食事をおこなう際にも注意が必要になります。即時負荷インプラントは医師の高度な技術と経験が必要であることから、どの歯科医院でも治療ができるということではありません。

即時負荷インプラントを受けるための条件

即時負荷を受ける条件

即時負荷インプラントを受けるためには、一定の条件を満たしていなければなりません。一定の条件には、インプラント体と骨の安定した初期固定を得るために、インプラント体の埋入した時の力(埋入トルク値)が40〜45Ncm以上であることが必要なので、骨質が良好な状態であることや、術後の微小動揺を100μm以下にすること、即時負荷に対応したインプラントメーカーとインプラント体を使用すること、医師の高い技術と経験があることなどが挙げられます。

即時負荷インプラント治療後は口腔内を清潔に保ちましょう

歯のクリーニング

インプラント治療後は、ご自身の歯磨きなどのセルフケアだけでなく、歯科医院での定期的なメンテナンスをおこなうことがとても重要になります。即時負荷インプラント治療後は、回復した歯の機能や審美面を維持しながら快適な毎日を過ごすためにも、口腔内を清潔な状態に保つ必要があります。治療後のメンテナンスを怠ってしまうと、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」に罹患するリスクが高くなってしまいます。また、噛み合わせに不具合が起こった場合は、インプラントに過度な負担がかかってしまい、インプラントのトラブルにも繋がります。

歯科医院でのメンテナンスでは、インプラント周辺の歯茎の状態や上部構造の状態、噛み合わせの確認をおこないます。また、口腔内の歯垢(プラーク)や歯石、バイオフィルムなどを専用の機器を使用して除去する「歯のクリーニング」をおこないます。他にも歯科衛生士によるブラッシング指導などを受けることで、ご自身のセルフケアの向上に繋がり、口腔内を清潔に保つことに効果的です。歯科医院でのメンテナンスは、患者さんによって異なりますが、3ヶ月~6ヶ月に1度(年に2~3回程度)の頻度でおこなうことをお勧めいたします。

当院では即時負荷インプラントをおこなっております。その際使用するインプラント体は、少ない骨量や骨質が軟らかい場合でも安定した初期固定を確保できる「Nobel Speedy」を採用しております。Nobel Speedyは「Branemark systemインプラント」に改良を加えたインプラントであり、インプラントが骨を圧縮して埋入するため強固な初期固定を得ることができます。さらに、難症例に対しては「Nobel Activeインプラント」で対応しております。即時負荷インプラントをお考えの方は、一度ご相談頂くことをお勧めいたします。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2021/7/13インプラントを併用した入れ歯「オーバーデンチャー」とは
歯を全て失ってしまった場合や、ほとんどの歯を失った際に、歯の機能や見た目を回復させるための治療が必要になります。入れ歯とインプラントを併用する治療法があり、これを「オーバーデンチャー」といいます。
2021/6/4喫煙はインプラントのトラブルに繋がります
一喫煙をしている場合、インプラント体と骨の結合を阻害し、また治療後のトラブルを引き起こすリスクが高くなってしまうのです。その点についてご説明いたします。
2021/5/27即時負荷インプラントのメリットとデメリット
一定の条件を満たすことができれば、手術の当日に仮歯を装着することができる「即時負荷インプラント」のメリットとデメリットとは
2021/5/9歯の移植、自家歯牙移植とは
虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合に、ご自身の歯を失った歯の部分に移植する「自家歯牙移植」が可能なケースもあります。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

ページトップぺ戻る