虫歯ではないのに歯が痛むのはなぜ?|大分県別府市の新港イトセ歯科

インプラントの寿命を長持ちさせるポイント

失ってしまった歯を補うことが可能であるインプラントの寿命は、10年残存率が90%以上といわれています。ブリッジの場合は7~8年、入れ歯は4~5年であることからも、インプラントは長く使用することが可能な治療法であるといえます。さらに使用方法などによっては、半永久的に快適に使用することさえ可能なのです。第二の永久歯ともいわれるインプラントの寿命を、少しでも長持ちさせるためには、気をつけなければいけないポイントがあります。

インプラントの寿命を長持ちさせるポイント

信頼できる歯科医院の元で治療を受ける

インプラントの寿命を長持ちされるためにも、信頼できる歯科医院での治療はとても重要です。事前のカウンセリング時に、疑問に思っていることや不安に感じていることなどに対して、担当の医師がしっかりと話を聞いてくれ、それに対する十分な説明をしてくれるかどうかで、患者さんの安心感も大きく変わります。さらに治療計画や費用、治療後のメンテナンスなどについても詳しく説明してくれる医師のいる医院は、信頼できる歯科医院といえます。高額な費用と長い治療期間を要するインプラント治療は、医師との信頼関係もとても重要なのです。また、ご自身が受ける治療をきちんと把握することも、インプラントの寿命を長持ちさせることに繋がります。

実績と安全性の高いインプラントを使用する

インプラントのメーカは世界中に数百社あるといわれており、その中でも世界的にトップクラスの治療実績や歴史を持っているメーカーのインプラントを使用することも、インプラントを長持ちさせるポイントです。 当院では、世界的に最も歴史と治療実績が高いノーベルバイオケア社製のインプラントを使用しております。

衛生管理の徹底がおこなわれている

歯科医院の衛生管理の徹底がおこなわれているということも、インプラントを長持ちさせるために重要です。インプラントは手術を伴う治療のため、細菌感染を防ぐための設備と、専用の手術室が完備してあることが望ましいとされていますが、全ての歯科医院に専用の手術室があるという訳ではありません。手術室がない一般の診療室でもインプラント手術は可能ですが、通常の虫歯治療をおこなっており、滅菌管理も徹底していないような環境下での手術は、術中の細菌感染の危険性もあるためお勧めできません。徹底した衛生管理の元で適切な治療を受けることが、インプラントを長持ちさせるポイントといえるのです。 当院では、大学病院並みの専用の手術室を設備しております。手術中は清浄度クラスが10000に保たれているため、無菌状態での治療が可能です。

歯科医院での定期的なメンテナンスを受ける

インプラント治療はインプラント体を埋入し、治療が終了すればそれで終わりというわけではありません。インプラント治療後も、良い状態に維持し続ける必要があるため、歯科医院での定期的なメンテナンスが重要となるのです。 メンテナンスでは、口腔内の状態をチェックします。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病になってしまいます。インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」は、口腔内が不衛生な状態になることで細菌や歯周病菌が増殖してしまい、インプラントの周りの粘膜や顎の骨に感染する病気です。初期の段階では気付きにくいため、気付いた時には症状が進行してしまっていることが多いです。インプラント周囲炎が進行すると、最悪の場合インプラントが脱落してしまう危険性もあります。そのためメンテナンスでは、専門も機器を使用した歯のクリーニングなどもおこないます。

また、噛み合わせが悪いと一定の歯に強い負担がかかってしまう場合もあるため、インプラントの歯に負担がかかるとインプラントの寿命を短くさせてしまう原因になってしまうので、噛み合わせの調整もおこないます。さらに正しいブラッシングの指導もおこないます。正しい歯磨きの仕方を身につけることで、毎日のセルフケアを正しくおこなうことができるため、ご自身でのプラークコントロールが可能になります。口腔内を常に清潔に保つことは、インプラントを長持ちさせることにも繋がるため、歯科医院での定期的なメンテナンスを受けるようにしましょう。

日々の生活習慣の管理

毎日のセルフケアを正しくおこなうことで、口腔内は清潔に保つことが出来るのですが、日々の生活習慣である食生活や喫煙、ご自身の健康状態の管理もインプラントの寿命と大きく関係します。全身疾患の中でも、糖尿病の方は、免疫力が低下してしまうため、歯周病や虫歯になりやすくなり、インプラント周囲炎のリスクも高くなってしまいます。そのため、血糖コントロールをおこなうことができる健康状態の管理が必要となります。また、喫煙もタバコに含まれるニコチンにより、免疫を働かせている白血球の作用を低下させてしまうため、歯茎が炎症しやすくなります。さらに、ニコチンは唾液の分泌量を低下させてしまうので、口腔内に細菌が繁殖しやすくなるため、歯周病になりやすくなってしまうのです。インプラント手術の前後には、喫煙により毛細血管が収縮し血行が悪くなることで、インプラントと骨が結合しにくくなってしまう原因にもなるため、禁煙が必要になります。しかしインプラント治療だけではなく、天然の歯にもタバコは悪影響しかありません。インプラントの寿命を長持ちさせるためにも繋がるため、治療を良い機会として完全に禁煙することが大切なのです。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2020/1/13 インプラント治療後に気をつけること
インプラント治療は、治療が終わってもそれで終わりというわけではないのです。毎日のご自身での正しいセルフケアや、歯科医院での定期的なメンテナンスがとても重要になります。
2019/12/26 インプラントと天然の歯の違いとは
「第二の永久歯」と呼ばれているインプラントですが、天然の歯と比べるとやはり様々な違いがあります。インプラントと天然の歯の違いをご説明いたします。
2019/12/24 フロス、歯間ブラシの正しいケア方法
ご自身でおこなうセルフケアの方法として、デンタルフロスや歯間ブラシを併用しておこなうことで、歯磨きだけでは取り除くことが難しい汚れもキレイに除去できます。
2019/12/14インプラント、入れ歯、ブリッジ、それぞれの特徴
インプラント、入れ歯、ブリッジのそれぞれの特徴やメリット・デメリットを知ることが、ご自身に最も適した治療方法を選択するための、一つの基準になることと思います。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る