歯のクリーニング|大分の新港イトセ歯科

インプラントを長持ちさせることに繋がる「歯のクリーニング」

歯を失った場合にインプラント治療をおこなうことで、ご自身の歯とほとんど変わらない見た目の美しさや噛み心地を得ることができますが、治療後は毎日の歯磨きなどのセルフケアを適切におこなうとともに、歯科医院での定期的なメンテナンスが必要になります。特に歯科医院でのメンテナンスにおいては、口腔内やインプラントの状態、正しく噛み合っているかどうかという噛み合わせなどを確認します。またインプラントと歯茎の間、アバットメント部分などに付着した歯垢(プラーク)や歯石、バイオフィルムなどを、専用の機器を使用した歯のクリーニングやオーバーホールをおこなうことによってキレイに除去できることから、インプラントを長持ちさせるためにとても重要です。逆に定期的なメンテナンスを怠ると、インプラントのトラブルを招く要因となってしまい、場合によってはインプラントの寿命が短くなる可能性もあるのです。

インプラント治療における歯のクリーニングの重要性

インプラントを長く快適に使用するためには、インプラント治療を受ける前に口腔内を清潔な状態に保つことが非常に重要です。そのため、普段から歯科医院で定期的に健診と歯のクリーニングをおこなうことが大切になります。ご自身の歯磨きなどのセルフケアを正しくおこなうことにより、食べカスや歯垢などの汚れを取り除くことができますが、どうしてもセルフケアだけでは口腔内の全ての汚れを除去することはできません。徐々に歯垢や歯石が溜まってしまい虫歯や歯周病に罹患する場合もあるのです。中でも歯周病は、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」に罹患するリスクが高くなり、インプラント治療が失敗する危険性もあることから、必ず治療をおこなってからでないとインプラント治療を受けることはできません。インプラント治療前には口腔内の健診をおこない虫歯や歯周病がないか確認しますが、インプラント治療をより安全におこなうためにも、定期的に歯科医院での歯のクリーニングを受けておくことをお勧めいたします。

インプラントを長持ちさせることに繋がる「歯のクリーニング」

インプラント治療後に、インプラントが脱落してしまう大きな原因の一つが「インプラント周囲炎」です。インプラント周囲炎に一度罹患してしまうと自然治癒することはありません。歯周病と同様に歯茎の腫れや出血が見られますが、人工歯であることから痛みなどの自覚症状がほとんどなく、気付かずに進行してしまう場合が多いです。進行すると歯茎から歯槽骨にまで炎症が広がり、歯槽骨を破壊し始めます。さらに進行することで歯槽骨がインプラントを支えられなくなると、最悪の場合インプラントが脱落してしまいます。このインプラント周囲炎を未然に防ぐためにも、インプラント治療後は歯科医院での定期的なメンテナンスを受け、歯のクリーニングをおこなうことが大切なのです。

歯のクリーニングでは、ご自身では除去することができない歯石などをスケーラーという器具で除去する「スケーリング」や、歯科医師や歯科衛生士が専用の機器を使用しておこなう歯のクリーニング「PMTC」によって歯周ポケット内の歯垢や歯石、細菌の集合体である「バイオフィルム」もキレイに除去することが可能です。仕上げにフッ素塗布をおこなうことで、歯質の強い歯にします。定期的な歯のクリーニングによって虫歯や歯周病を予防することは、インプラントだけでなくご自身の健康な歯も長く快適に使用することにも繋がるのです。

 

ご自身でおこなう適切なセルフケア方法

正しいセルフケアは口腔内を清潔に保つ基本となるため、インプラント治療後はセルフケアを適切におこなうようにしましょう。インプラントはブラッシングの摩擦によって表面に傷ができてしまう場合があるので、天然歯に使用する歯ブラシよりも毛先が柔らかいものを選びましょう。歯ブラシは一般的に1ヵ月を目安に交換すると良いといわれていますが、毛先が広がってきた場合はブラシの先がしっかりと当たらず、汚れを取り残してしまうので交換することをお勧めいたします。また歯並びが悪く歯が重なってしまっている部位や、奥歯などの磨きづらい箇所は、ブラシの先端が細くなっているタフトブラシを併用することで効率良く汚れを除去することができます。さらに補助的清掃用具として、デンタルフロスや歯間ブラシを併用することもお勧めです。市販の歯磨き粉には「研磨剤」が含まれているものもあり、使用することでインプラントや歯茎の表面を傷つけてしまうことがあります。インプラントの表面に細かい傷がついた場合、その部分に汚れが溜まってしまう恐れがあるので、歯磨き粉は研磨剤が入っていないものを選ぶようにしましょう。

まとめ

インプラントはメンテナンス次第では半永久的に使用することも可能です。そのためにも、インプラント治療後はご自身でのセルフケアを正しくおこない、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けて、口腔内やインプラントの状態、噛み合わせの確認とともに歯のクリーニングをおこなうことが大切です。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2021/1/11インプラント矯正治療とインプラント治療の違い
インプラントとは、体内に埋め込まれる器具の総称なのですが、インプラント矯正治療と一般的にインプラント治療と呼ばれる「デンタルインプラント治療」は異なる治療なのです。
2020/12/20インプラントを長持ちさせる「オーバーホール」とは
インプラント治療によって歯の機能や見た目を回復させた後は、年に3回程度の頻度で歯科医院でのメンテナンスを受けることが必要になります。ンプラント体の確認、噛み合わせの調整などをおこない、インプラントをそのまま問題なく使用できるかどうかの判断をおこないます。
2020/12/6「インプラントを長持ちさせることに繋がる「歯のクリーニング」
インプラントと歯茎の間、アバットメント部分などに付着した歯垢(プラーク)や歯石、バイオフィルムなどを、専用の機器を使用した歯のクリーニングやオーバーホールをおこなうことによってキレイに除去できることから、インプラントを長持ちさせるためにとても重要です。
2020/11/30「抜く?」「抜かない?」親知らずが生えた場合の対処法
親知らずとは、「第三大臼歯」という歯列の中でも一番奥に生えてくる永久歯のことをいいます。一般的に10代後半〜20代前半に生えてくることから、親知らずと呼ばれているのです。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

ページトップぺ戻る