インプラントとブリッジ|大分県別府市の新港イトセ歯科

インプラントとブリッジ

歯を失ってしまった際に、歯科医院での入れ歯治療やブリッジ治療、インプラント治療によって人工の歯を装着することで、失った歯を補うことができます。しかし、どの治療法が一番適しているのか分からないという方も多くいらっしゃいます。中でもブリッジ治療とインプラント治療は相互にメリットとデメリットがあり、どちらの治療を選ぶかで残りの歯に負担をかけてしまう可能性もあります。ブリッジ治療とインプラント治療でお悩みの方は、この2つの治療法のメリットとデメリットを比較して、ご自身に合った治療方法を選択していただくことをお勧めいたします。

ブリッジ治療

ブリッジ治療とは、失ってしまった歯の前後にある歯を削り、橋のように歯と歯を繋いで歯を作る治療法のことをいいます。

ブリッジ治療のメリット

見た目が美しい

見た目はとても美しく、天然の歯と比べてもほとんど違和感はありません。保険適応でのブリッジ治療の場合、レジン(プラスティック)を使用しての治療となるため、時間が経過すると変色してしまう可能性があります。 自由診療の場合はジルコニアやセラミック素材を使用することで、審美性の高い歯になります。

覚や食感を感じる

天然の歯と比べても、味覚や食感の差はほとんどありません。

治療期間は短く比較的簡単に治療が受けられる

ブリッジの本数などによって変わりますが、比較的に短期間で終わります。治療期間は大体1週間~2週間ほどで、最短で2回の治療で終わる場合もあります。

ブリッジ治療のデメリット

健康な歯を削らなければいけない場合がある

ブリッジ治療の場合、ブリッジを固定するために両隣の歯を削らなければいけません。削った後もしも歯に痛みが出る場合、神経を取らないといけない場合もあります。神経を取ってしまった歯は、栄養がいかなくなるため寿命が短くなってしまいます。

骨が痩せていく

抜けた歯をそのままにしてしまうと、その部分の顎の骨が次第に痩せていく(骨吸収)を始めてしまいます。

歯周病のリスクが高くなる

ブリッジの歯は根元まで歯ブラシが届きにくいため、磨き残しが多くなってしまい、プラークや細菌が増えやすくなるため歯周病のリスクが高くなってしまいます。

支えとなる歯の負担が大きい

ブリッジは失った歯の前後にある歯を削り、歯と歯を繋いで歯を作る治療方のため、支えとなる前後の歯の状態があまりよくない場合は負担が大きく、ブリッジ自体が駄目になってしまう可能性があります。

歯が全くない場合には治療ができない

歯が全くない場合、歯と歯を繋ぐことができないため、ブリッジ治療はできません。

インプラント治療

インプラント治療は、歯茎を切開し、顎の骨にチタン製のインプラント体を埋入してから、インプラント体が顎の骨としっかりと結合するまでの治癒期間を経て、インプラント体に上部構造(アバットメントと人工歯)を取り付ける治療方法です。

インプラントのメリット

見た目が美しい

天然の歯とほとんど変わらないくらいとても見た目も美しく、色も白いため審美的に優れています。

噛む力や味覚が低下しない

インプラントは顎の骨にインプラント体を埋入するため、天然の歯と同じくらいしっかりと食べ物を噛むことができます。また、味覚や熱も同じように感じることができます。

歯を削る必要がない

顎の骨にインプラント体を埋入するため、他の歯を削る必要がありません。そのため、他の歯に負担をかけることなく治療をおこなうことができます。

骨が痩せるのを防ぐ

顎の骨にインプラント体がしっかりと結合することで、骨が痩せるのを防ぐことができます。

インプラントのデメリット

手術が必要である

インプラントは歯茎を切開して、顎の骨にインプラント体を埋入する手術が必要となります。そのため、患者さんの口腔内の状態や健康状態によっては治療ができない場合があります。

費用が高額になる

インプラント治療は保険適用外治療(自由診療)のため、医院によっても異なりますが、費用が高額になってしまいます。

治療期間が長い

インプラント体を埋入する手術をおこなったあと、インプラント体と顎の骨がしっかりと結合するまでの治癒期間が必要になるため、治療期間が長くなってしまいます。(ただし、骨の状態などが良ければ治療方法によっては治療期間が短くなる場合があります。)

定期的なメンテナンスが必要

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなってしまいます。さらに、痛みを感じることがないため、気づいたときには歯周病が進行している場合があります。そのため、歯科医院での定期的なメンテナンスが重要になります。(インプラントではない健康な歯の場合も、虫歯や歯周病の予防のためにも歯科医院での定期的なメンテナンスをお勧めいたします。)

まとめ

それぞれの治療のメリット・デメリットを考えた上で、失ってしまった歯を補うための治療法として、長期的な目で見ればインプラントの方がおすすめだといえます。さらに、インプラントは他の歯に負担をかけることがないため、健康な歯の寿命も短くすることはありません。しかし、インプラントは手術が必要となるため、信頼と実績のある歯科医院を選ぶことも大切です。インプラント治療をお考えの方は、まずは当院でのカウンセリングを受けていただく事をお勧めいたします。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2019/9/5インプラントとブリッジ
インプラントとブリッジ。この2つの治療法のメリットとデメリットを比較して、ご自身に合った治療方法を選択していただくことをお勧めいたします。
2019/8/31歯の神経を取るとどうなる?
神経を抜くという治療は、具体的にどのようなことなのか、また神経を取ってしまった歯はどうなってしまうのか、ご説明いたします。
2019/8/28インプラントは危険?
インプラントは適切な治療と処置をおこなうことで安全に治療をおこなうことができるのです。インプラント治療安全におこなうために重要なポイントをご説明いたします。
2019/8/24スポーツと歯の関係
健康な歯や整った歯並びは、噛み合わせもしっかりと噛み合っています。この噛み合わせは、体の健康においても大きな役割を担っています。さらに体を動かす、いわゆるスポーツにおいても歯の噛み合わせや健康な歯の重要性は大きいと考えられています。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る