知覚過敏についてご説明いたします|大分県別府市の新港イトセ歯科

知覚過敏とは

虫歯などがないのにも関わらず、冷たい物や甘い物を食べた時や、歯磨きの際に歯に痛みや刺激が起こる、いわゆる「歯がシミる」症状のことを知覚過敏といいます。風にあたった時などに歯に感じる痛みも、知覚過敏によるものです。知覚過敏の痛みは一時的であるため、刺激がなくなると痛みも感じなくなります。しかし場合によっては歯磨きができないほどの痛みをともなうこともあります。

知覚過敏の原因

歯の表面は、エナメル質というミネラルで構成された固い物質で覆われています。エナメル質の内側には象牙質という組織があり、その象牙質の中には歯髄と呼ばれる神経や血管が通る部位が存在します。歯の表面のエナメル質は痛みを感じることはありません。しかし象牙質は歯髄があるため、冷たいものや熱いものなどに触れてしまうと、その刺激が内部の神経に痛みとして伝達されるため、歯は痛みを感じます。つまり、象牙質は痛みを感じる部分なのです。

通常、健康な状態の歯は象牙質はエナメル質に覆われているので、痛みを感じることはないのですが、エナメル質から象牙質が露出してしまうと、歯がシミたり痛みを感じたりします。知覚過敏の原因となるものは様々なことが考えられます。 

不正咬合

噛み合わせが悪いと、一定に歯に強い力がかかってしまうため、歯がかけたり、折れたりしてしまうことがあります。打撲などのケガで歯が折れたりする場合も同じなのですが、歯が破折して、象牙質が露出すると、知覚過敏の症状が起きる場合があります。さらに、残っている歯にも亀裂が入っている恐れもあり、状態によっても違いますが歯髄にまで細菌が侵入して炎症を起こすこともあります。

また噛み合わせが悪いと、歯磨きがしづらくなるため、どうしても磨き残しが多くなってしまいます。そのため歯に歯垢や歯石が付きやすくなり虫歯や歯周病の原因となってしまいます。さらに虫歯や歯周病の進行によって歯茎が下がってしまうため、象牙質が露出して知覚過敏を起こしてしまいます。

間違った歯磨き

自分に合った歯ブラシを使わずに、固い歯ブラシで強く歯を磨き過ぎてしまうと、エナメル質を摩耗してしまい、歯茎の下がる原因となります。正しい歯磨きなどのご自身でのセルフメンテナンスは、治療の際、当医院の歯科医師や歯科衛生士が詳しくご説明致します。

加齢

エナメル質から象牙質が露出してしまう原因として加齢があります。加齢とともに、骨吸収を起こしてしまうため骨が痩せてしまい歯茎が下がってしまうからなのです

酸蝕歯(さんしょくし)

エナメル質は酸性の食べ物によって溶けてしまうことがあり、このことを酸蝕歯といいます。普段口にする、食べ物や飲み物の多くは酸性であるため、酸っぱい食べ物や飲み物を普段からよく摂取する習慣があると、歯のエナメル質は溶けてしまい、内側の象牙質が露出します。さらに、象牙質はエナメル質よりも弱い酸で溶けてしまうため、さらに歯は溶かされて、知覚過敏が起きやすくなってしまいます。

知覚過敏の対処法

正しい毎日の歯磨き

歯の表面に付着した歯垢などの細菌は、酸を作り出します。歯のエナメル質は、主にカルシウムなどのミネラルでできていますので、酸により歯が溶けだしてしまいます。これを脱灰(だっかい)といいます。脱灰は知覚過敏を引き起こしたり、悪化させてしまう原因になります。

歯を脱灰から守るためには、歯の再石灰化が重要となってきます。再石灰化とは、ミネラルを失い、象牙質が剥き出しになってしまった歯を唾液や歯磨き剤によって、再石灰化成分であるカルシウムイオンとリン酸イオンを補給し、エナメル質の結晶を新しく形成して元の健康な状態に戻す現象です。歯の再石灰化により、剥き出しになった象牙質部分の微細な空隙が封鎖されてくるため、知覚過敏の症状が軽いものだと、時間が経つと自然に症状はなくなります。知覚過敏の改善にも正しい歯磨きはとても大切なのです。

歯の神経の興奮を抑える

知覚過敏は、歯の神経が冷たいのもなどによって刺激を受け、それが脳の中枢に「痛み」という信号を送ることで痛みを感じます。このような歯の神経の興奮を抑えることも効果的です。歯の神経の周りをカリウムイオンが取り巻くと、神経の興奮を抑えることができるということを利用したもので、歯磨き剤に硝酸カリウムという成分が含まれている歯磨き剤を継続して使うことで、神経の興奮を抑えることができ、知覚過敏の改善効果があることが分かっています。

象牙質の露出部分の処置

露出している象牙質の小さな空隙を、歯科医院で特殊な成分の物質で塞いだり、歯科材料の塗布等で塞ぐ方法があり、歯磨き剤による方法よりも効果が高く即効性もあります。または接着材を用いて樹脂による薄い皮膜を作り、象牙質表面を被膜で被覆することで知覚過敏をなくす方法も即効性があります。

神経を取り除く

知覚過敏は一時的な痛みの場合が多いのですが、痛みの持続時間が長い場合や、激しい痛みが続く場合は、歯の神経に炎症などが起きていることも考えられます。歯の神経を取り除く治療をすることで、痛みも取り除くことができますが、できることならば、今後の歯のことを考えると、無理に歯の神経は取らないほうが良いです。

知覚過敏を予防するために

知覚過敏には確実な予防法はないため、歯周病の予防や歯茎の退縮が進みやすいような間違った歯磨きをせず、正しい歯磨きをして、歯科医院による定期的メンテナンスを受けることが大切です。歯垢が付着した状態を長く続けていると、歯の表面が細菌の酸により溶けて、知覚過敏が起きやすくなるだけではなく、虫歯も進行しやすくなります。歯周病と虫歯予防をすることは、知覚過敏の予防にもつながっているのです。 歯に痛みや刺激があった際、ご自身では知覚過敏なのか、虫歯による痛みなのかが分かりにくい場合は、すぐに歯科医院で受診することをおすすめ致します。
  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2019/8/11インプラントで食生活が変わる
インプラント治療は顎の骨にインプラント体を埋入するため、人工歯と顎がしっかりと結合することができます。それにより食生活が変わります。
2019/8/6咽頭炎
喉は上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられます。咽頭炎とは、その部分が炎症を起こした状態のことです。
2019/7/31顎の骨が痩せる原因
顎の骨の量や厚さが十分ではない場合、インプラント治療はおこなうことが出来ません。 それでは顎の骨が痩せていくとはどういうことなのでしょうか。
2019/7/26歯石除去の重要性
天然の歯にはもちろん歯石は付きますが、人工歯であるインプラントにも歯石は付着してしまうため、歯周病になってしまう事があります。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る