1ピース2ピースの違い|大分県別府市の新港イトセ歯科

1ピースインプラントと2ピースインプラントの違い

歯を失った際に、歯の機能を回復させるインプラント治療は、顎の骨に埋入する人工歯根である「インプラント体」と、歯冠部分となる「人工歯」、インプラント体と人工歯を連結する「アバットメント」の3つの部品から構成されており、人工歯とアバットメントを総称して「上部構造」と呼びます。

インプラント体には、インプラント体とアバットメントをネジで連結する「2ピースインプラント」と、インプラント体とアバットメントが一体化した「1ピースインプラント」の2種類のタイプがあります。これらはそれぞれメリット・デメリットが異なり、外科手術を1回のみおこなう「1回法」と、手術をおこない一度治癒してから再度歯茎を切開する外科手術をおこなう「2回法」によっても使用が異なります。

1ピースインプラント

インプラント体とアバットメントが一体化したタイプのもので、1回法のみに用いられます。2回法と比べると、アバットメントを連結させるために再度歯茎を切開する外科手術の必要がなく、部品も少なくて済むので患者さんの身体的負担・経済的負担を軽減することができます。さらに、治療期間も短く、連結部分のネジが緩んでしまうという心配もありません。

しかし、1ピースインプラントは1回法でしか適用されないため、インプラント体を埋入するための十分な顎の骨量があるケースにしか使用することができず、骨移植や骨再生の術式をおこなう場合は、2回法と比べて細菌感染のリスクが高くなります。また、埋入したインプラント体の方向によって、ある程度人工歯の形が限定されてしまいますし、もしもアバットメントに何らかのトラブルが生じた場合は、インプラント体ごと撤去しなければいけません。

2ピースインプラント

インプラント体とアバットメントをネジで連結するタイプで、1回法と2回法のどちらでも使用することができます。2ピースインプラントは、ほとんどの症例でも適用が可能で、口腔内の状態と治療の経過に合わせてアバットメントの種類を選択して連結することができますし、もしもインプラントが強い衝撃を受けた際に、アバットメントのネジが折れることでインプラント体と骨への影響が少なくて済むので、大きな損傷を防ぐことができる可能性があります。

しかし、2回法で治療を行う場合は外科手術が2回必要となることや、人工歯を装着するまでの工程が複雑なので、治療時間も長くなることから、患者さんの身体的負担が大きくなってしまいます。また、1ピースインプラントよりも部品が多いので費用が高く、将来的に連結部分のネジが緩んでしまう可能性やオーバーホールが必要となる可能性もあるなど、経済的負担が大きくなってしまうこともあります。

インプラント手術の1回法と2回法

1回法

外科手術が1回で済む1回法は、歯茎を切開して顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術をおこなう際に、アバットメントも一緒に埋入します。そのため、術後はアバットメントが口腔内に露出した状態で歯茎が縫合されます。さらに、いくつかの条件が整っていれば、その日のうちに仮歯までを装着することができる「即時負荷」という処置をおこなうことも可能です。ただし、高度な技術と経験が必要であり、即時負荷に対応したインプラントを使用しなければならないことから、どの医院でもおこなうことができるとは限りません。また、1回法はインプラント体を埋入するための顎の骨量が十分にある場合に限られます。

2回法

外科手術を2回おこなう2回法は、1回目の手術で歯茎を切開してから顎の骨にインプラント体のみを埋入してから歯茎を縫合します。そのため、1回法とは違い術後は口腔内に露出しているパーツはありません。インプラント体埋入後は、顎の骨とインプラント体が結合するため、3ヶ月〜6ヶ月程度の治癒期間が必要となります。骨とインプラント体の強固な結合が確認されてから、2度目の手術により歯茎を再度切開して、アバットメントを連結させてから人工歯を装着します。

まとめ

1ピースインプラントと2ピースインプラントのメリット・デメリットを比べると、身体面や費用面では1ピースインプラントの方がメリットが多いですが、インプラントは安全性や見た目の美しさも非常に大切です。2ピースインプラントは安全性も高く、様々な症例にも対応でき、口腔内の状態と治療の経過に合わせてアバットメントを選択できるため、安全面や審美面においてのメリットが多いといえますし、近年では2ピースインプラントでも治療期間の短縮も可能となっています。 これからインプラント治療をお考えの方は、これらのことを踏まえた上でどちらのインプラント体が適しているのかを、歯科医師とご相談して頂くことをお勧めいたします。

  • 無料カウンセリング申し込み

Doctor’s コラム

2020/7/31インプラント治療の流れ
インプラントの治療の流れをご説明いたします。当院では、インプラント治療が可能かどうかを事前に診察・診断をおこないます。さらに、歯科用CTやコンピューター3Dシミュレーションなどの精密検査をおこなうことで、安心、安全なインプラント治療を可能にしています。
2020/7/25骨量が少ない場合でもインプラント治療を可能にする「骨移植」とは
外科手術によって骨量を増やすことができれば、インプラント治療が可能となります。それが骨移植(骨造成)という術式です。
2020/7/191ピースインプラントと2ピースインプラントの違い
インプラント体には、インプラント体とアバットメントをネジで連結する「2ピースインプラント」と、インプラント体とアバットメントが一体化した「1ピースインプラント」の2種類のタイプがあります。
2020/6/30歯を失う原因である歯根破折とは
歯根破折とは、歯の根が割れたり、ヒビが入ってしまうことをといい、歯周病と虫歯に次ぐ歯を失ってしまう原因の一つです。歯根破折の原因や予防方法はどういったものがあるのでしょうか。

全てのインプラントコラムを読む>>

大分県のインプラント新港イトセ歯科

〒 874-0923 大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府2F
TEL: 0977-21-4477

診療項目: インプラント治療 / 矯正治療 / 審美歯科治療 / セラミック治療

大分県近郊からもたくさんの患者様にお越し頂いております。
中津市由布市宇佐市速見郡豊後高田市国東市杵築市玖珠郡佐伯市日田市竹田市豊後大野市

診療時間 日/祝
9:00~
18:00
× ×
9:00~
17:00
× × × × × ×
9:00~
13:00
× × × × × ×

※保険診療は金曜日の午前中のみになります。

インプラント治療の無料カウンセリング

大きな地図で開く

ページトップぺ戻る