インプラントの知識と治療の流れ|大分県別府市の新港イトセ歯科

大分インプラントのイトセ歯科

大分県のインプラント治療とは

インプラントとは / 治療の流れ

インプラント開発者ブローネマルク

インプラント ブローネマルクシステム

ペル・イングヴァール・ブローネマルク1929年5月3日 2014年12月20日はスウェーデンの整形外科医、医学者、歯学者。デンタルインプラントにブレークスルーを起こしたオッセオインテグレーションの発見者であり、世界的に著名なデンタルインプラントシステムであるブローネマルクインプラントシステムの開発者で現代デンタルインプラントの父と呼ばれる。エピテーゼの研究者である
Wikipedia参考

大分のインプラント新港イトセ歯科では、世界的に最も治療実績が高いブローネマルクインプラントを製造販売しているノーベルバイオケア社製のインプラントを使用しております。

ブローネマルクシステムに代表されるこれらのインプラントは熟練した技術のもと、高度な治療・先進的な治療・審美的な治療を可能にしたインプラントシステムです。長い歴史のもと、数多くの基礎的研究、エビデンスのもと、もっとも安全で成功率の高いものです。全世界で使用され、他のインプラントのほとんどはこのシステムを基本的に踏襲しています。

1952年にペル・イングバール・ブローネマルク博士は、ウサギのすねに埋め込んだ生体顕微鏡用のチタン製器具が骨にくっ付いてしまいはがせなくなったことから、偶然に純チタンと骨の組織が拒否反応を起こさず結合することを発見しました。この発見以来、もっとも信頼性の高い歯科インプラントとして世界中で400万人以上の人々がこの治療を受けています。

ブローネマルク氏

世界で初めてインプラント治療を受けたラーソン氏

亡くなるまで41年間を全く問題なく機能した事実。

1965年、いよいよ人間への応用に踏み切ったのです。ブローネマルクシステムによる治療を最初に受けたのは、ヨスタ・ラーソンという34歳の男性でした。 生まれつきの病気のために、あごの骨が弱く、歯も数本しかなくなっており、食事や会話に不自由な生活を余儀 なくされていた患者さんです。

ブローネマルクにとって初めての治療であることを納得したうえで、 ラーソン氏は上下の顎にインプラントを埋入する手術を受けました。ラーソン氏はインプラントによってそれまでの悩みを解消することができたのです。 彼のインプラントは、亡くなるまで41年間を全く問題なく機能機能していました。

ブローネマルクはラーソン氏に対する治療の後も、治療と研究を続けました。1981年に発表されたデータでは2768症例にも及び、発表によると、インプラントの治療法が確立した以降の時期では、 治療完了後5年経過したインプラントの残存率は、上顎で81%、下顎で91%であったとされました。その後もブローネマルクシステムインプラントは改良され歯を失われた患者様への有効な治療法として現在に至っています。

ラーソン氏

インプラント治療とは

インプラント治療項目

1-多くの歯を失われた方や総入れ歯をお使いの方の全体的なインプラント治療
2-高度の歯周病の方や入れ歯に抵抗のある方のインプラント治療
3-コンピューターガイドシステムによる低侵襲(痛みの少ない)治療
4-骨造成手術(骨がないといわれた方)
5-審美的上部構造と噛み合わせの改善

インプラントの構造図

インプラント治療の対象患者

このような方がインプラント治療の対象です

1-歯がほとんどない、または全部の歯を失っている方
2-歯周病が進行し歯がグラグラ動いて痛くて噛めない
3-骨がなくてインプラントが難しいと言われた
4-部分入れ歯の留め金をかけている歯までグラ付いてきた
5-入れ歯自体に抵抗がある。取り外しが面倒など
6-歯並びが悪くて自然な笑顔が出せない。見た目(審美性)が良くない
7-歯茎がやせて入れ歯がガタつきしっかりと噛めない

インプラントのイメージ

インプラントのメリットとデメリット

implantのメリット

  • しっかりと噛むことができる
  • 入れ歯の様に脱着をしなくてすむ
  • 入れ歯の様に脱着をしなくてすむ

implantのデメリット

  1. しっかりと噛むことができる
  2. 入れ歯の様に脱着をしなくてすむ
  3. 入れ歯の様に脱着をしなくてすむ

インプラントの治療の流れ

インプラントの流れ

  • 無料カウンセリング(レントゲン、CT撮影、治療説明)
  • 説明、ご契約
  • インプラント手術
  • 3~4ヵ月後上部構造作製し終了
  • メンテナンス
Copyright© 新港イトセ歯科 All Rihgt Reserved.


PAGE
TOP