大分 インプラント上部構造|別府市新港イトセ歯科

大分インプラントのイトセ歯科

新技術で作るインプラント上部構造

ノーベル2システム

CAD-CAM技術で人工歯を製作

プロセラ
CAD-CAMによる精度の高い上部構造

ノーベルプロセラは強さと審美性を兼ね備えた材料を使用し、予知性の高いインプラント上部構造、優れた審美的結果が得られるシステムです。歯型をレーザースキャンしCAD-CAM技術により最終的な人工歯を製作いたします。インプラント、天然歯のどちらにも適用でき、様々な症例に対応する修復システムをインプラント大分新港イトセ歯科はご提供いたします。

CAD-CAMイメージ
設計工程図

高い審美性と高強度の上部構造

高い審美性と高強度の上部構造

大分のインプラント新港イトセ歯科ではインプラント上部構造はジルコニア製をおすすめしております。

ジルコニアは金属を使用しないため金属による腐食(錆び)や経年的な色落ち、劣化がなく歯ぐきが黒ずんでくることもありません。またジルコニア周囲にはプラークが付着しにくく歯ぐきの健康のために優れ、破折や磨耗もほとんどない高強度の素材であることが特徴です。

当院で使用しているジルコニア素材は100%ピュアジルコニアで混ぜ物を使用しておりません。またジルコニアの欠点とされている「まっ白すぎる色調」は見られず自然な透明感と美しい色調を再現することが可能です。

セラミックによる上部構造
Copyright© 新港イトセ歯科 All Rihgt Reserved.


PAGE
TOP