大分のインプラント オールオン4|別府市新港イトセ歯科

大分インプラントのイトセ歯科

インプラント治療オールオン4

インプラントオールオン4

インプラント オールオン4

4本のインプラントで取り外しの要らない歯に

埋め込むインプラントの数がたったの4本

オールオン4は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。

オールオン4は、4本のインプラント(上顎は6本を推奨)にかかる力を広く均等に配分し12本の人工歯を支えることにより見た目とかみ合わせを回復します。 骨の移植などは必要ないので腫れや痛みが少ないのが特徴です。また治療期間中は仮義歯をご利用いただけますので歯がない状態の期間はありませんので安心して治療を受けていただけます。

オールオン4の構造
固い食べ物が噛める

入れ歯が動いたり浮き上がったりしてお悩みの方や歯周病で歯がぐらぐらの状態で食事ができなかった方は、インプラントオールオン4により劇的に食生活が変わります。治療終了後は硬いものでもよく噛めるようになり食事会や人前でも安心して食事ができるようになります。

固い食べ物が噛める

入れ歯の場合は話すときに浮き上がったり落ちてきたり不安要素がありますがインプラントオールオン4は固定式のため動くことがないので人前での会話も安心です。

固い食べ物が噛める

インプラント治療の目的のひとつが審美性の回復です。
審美性を回復することは精神的な活性化にもつながります。
笑った時に見える綺麗な歯並びにがあなたの自信につながります。

インプラントが可能にすること All-on-Four

  1. 1

    固定性で動かないのでよく食事ができる

  2. 2

    腫れや痛みが少なく低侵襲(骨移植は必要ありません)

  3. 3

    日々のブラッシングがしやすく清掃性がよいため衛生的である

  4. 4

    インプラント治療にかかる時間が短い

  5. 5

    比較的低予算で経済的である

  6. 6

    インプラント治療期間中に歯がない期間がない

  7. 7

    ほとんどのインプラント症例に対応可能です

オールオン4 新着情報

オールオン4は、全ての歯が失われた(無歯顎)場合や、残っている歯が数本あるものの歯周病や虫歯で抜歯しなくてはならず結果的に無歯顎の状態になるケースなどの場合に、片顎4本~6本程度のインプラントを埋入し12本の人工歯を支えるというインプラント治療法です。

これまでは、歯が1本も残っていない場合の治療法は総入れ歯にするか、数多くのインプラントを埋入して固定式のインプラントブリッジにするという治療法が一般的でした。数多くのインプラントを入れるだけの骨の幅や厚みがあればまだよいのですが骨の量が十分でない場合は骨を作る手術(骨造成)が必要となり感染のリスクが増したりインプラント治療の予知性が低下する可能性もございます。総入れ歯を長期間にわたって使用してこられた方は骨が大きく吸収している場合が多く、インプラントをするには骨造成等の手術が別途必要になるケースも多くあるため、従来のインプラント治療法は、患者様の身体的負担も大きく、治療期間も大変長くなったり費用もかさむものでした。

新港イトセ歯科のオールオン4

オールオン4というインプラント治療法は、一般的に手術と同時に仮義歯を装着する方法やインプラント埋入前にすでに仮義歯を用意し使用していただく方法などがあり当院では患者さん個々の状態に応じて対応しております。仮義歯が早い段階で装着できることで早期に審美的な回復が可能であると共に、骨造成等の追加手術が必要がなくなる場合がほとんどです。

大分インプラント治療の新港イトセ歯科ではオールオン4によるインプラント手術の場合、多くケースにおいてノーベルガイドを使用するため、短時間でインプラント埋入手術が終了しインプラント手術後の腫れや痛みも最小限に抑えることが可能です。

また、早期に仮義歯が入りますので、やわらかいものであればお食事も手術後でも可能です。新港イトセ歯科のオールオン4は、平成16年より多くの症例を積んできた過程の中で術式をよりシンプルに改良してきた為、さらに手術時間の短縮が可能となり患者様の心身的負担も軽減することが出来ました。当院では多くの患者様がこのオールオン4により笑顔を取り戻しています。

ポイント1 CT撮影後のインプラント手術シュミレーション

オールオン4を成功させるための最も重要なステップのひとつです。多くの歯を失ってしまった場合、咬み合わせも不安定になっていることが多くどの位置に何本のインプラントをどういう角度で埋入し最終的な人工歯が正しい位置に持っていくことが出来るかを綿密にシュミレーションします。上下顎全体の咬み合わせを無視してインプラント治療を行ってしまうと、埋入したインプラントはすぐだつらくしてします場合がございます。そのようなケースでは最終的な咬み合わせのポジションと歯並びを想定したシュミレーションが必要です。

インプラントシュミレーションとはCT撮影後のデータをノーベルクリニシャンというソフトにインプットし最終的な歯並び・咬み合わせをシュミレーションすることです。顎関節の位置や動きなどしっかり考慮した治療計画を立てることが重要となります。また、シュミレーションソフトにより最適なインプラントの埋入位置、方向、本数を決定します。インプラント治療の最大の目的は「しっかり咬めるようにすること」つまりインプラント治療は咬合治療の一つの選択肢なのです。

ポイント2 長期的な審美性と清掃性を考慮したインプラント上部構造

全顎的なインプラント治療は部分的なインプラント治療と異なる点が多くあります。全体的なインプラント治療ケースにでは、最終的なインプラント上部構造の形態を考慮し最終的なインプラント上部構造が出来上がり実際に口腔内に装着するのに適した顎骨の整形が必要となることがあります。これらは抜歯するときに浸潤麻酔下で同時に行うこともありますので特別に大きな手術を伴うわけではありません。

骨整形を行う事で、長期的な審美性の向上とインプラント治療終了後のブラッシングによる清掃性のよさを確保る事が可能となります。歯肉の形態を理想的な形態に創りあげていくことにより歯肉とインプラント上部構造の基底面部分(歯肉と接する面)との間に食べ物や磨き残しのプラークなどの汚れが付着する事を最小限に抑えます。プラークなどの汚れが付着しにくい環境をしっかりと作り上げていくことは患者さんのインプラントの長期的な予後にとって非常に重要なことです。

ポイント3 安全でシュミレーションに沿った手術

オールオン4において最も重要である要素はインプラントの埋入位置です。以前はフリーハンドでインプラントの埋入手術を行っておりましたが、オールオン4のような全体的なインプラント手術におきましては現在では多くの症例でノーベルガイドによるガイデッドサージェリーによるインプラント埋入を行っております。

そのメリットは多くありますが、ノーベルガイドを使用することで迅速なインプラント埋入手術が可能となるため患者さんの身体的負担を最小限に抑えることと、ノーベルクリニシャンによるインプラントシュミレーションがノーベルガイドに反映されておりますのでより安全に手術が行える点があります。またインプラント上部構造のアクセスホール(インプラント上部構造物をインプラントに固定するためのねじを挿入する穴)を出来るだけ人工歯の内側もしくは咬合面(歯の噛む面)に位置させる事でよりきれいな仕上がりなります。

ポイント4 納得のできる歯の形と口唇のふくらみを再現する仮モデル(重要な工程)

インプラントを埋入して3~4ヵ月後にインプラント上部構造を製作いたします。当院では最終的に骨と結合したインプラントにインプラント上部構造物をネジで固定しますが、いきなり最終補綴物に移行するのではなく一度最終補綴物を想定したプラスチック製の仮モデルを製作し患者さんにこれでよいか最終的な確認を取っていただいております。

この工程は非常に重要なものであり最終的な歯の形(歯の幅や長さや厚み)、口唇からの歯の見え方、口唇のふくらみ具合、発音のしやすさなどを仮モデルを利用し実際口腔内に入れた状態を体感していただくことで納得のいく最終歯補綴物が実現できると考えているからです。この工程が必須である理由は患者さんにも好みやこういう風にして欲しいなど希望がありますのでご意見をお聞きする機会を設ける意味と、歯の大きさや形態は患者さん1名1名異なるため患者さんの希望を最大限反映させたインプラント上部構造としたいからです。

インプラント手術直後から歯肉の形も変化しますし仮義歯の適合や噛み合わせも変わってきます。しかしインプラント治療中に使い慣れた仮義歯は参考になることも事実であり審美性や発音等を考え仮モデルに移行するまで何度か仮義歯を作り変えることもございます。

ポイント5 審美性の高い最終インプラント上部構造

オールオン4は高度な技術を必要とするインプラント治療の1つです。骨造成手術を必要とせず既存の骨にインプラントを埋入するため治療期間も比較的短くてすみ安全性も高いことが特徴です。骨が十分あれば6~8本のインプラントを埋入したほうがインプラント上部構造の安定性は増すと思われますがオールオン4は十分な骨がなくて4本しかインプラントが入らないような難症例とされる方のための治療法となります。

当院では平成16年から多くのオールオン4の症例を経験しており特にインプラント上部構造にはこだわりをもって取り組んでまいりました。最近ではジルコニア製のインプラント上部構造を使用することが多くなってきました。

ジルコニアは審美性が高く、プラークもあまり付着しない特性がありますので患者さんにはメリットが多いことを実感しております。当院では最新のCAD-CAMが2台とプロセラジェニオンが2台ございますので口腔内のスキャンからインプラント上部構造装着までが最短の時間で対応可能となっております。新港イトセ歯科ではCADーCAM技術によるより美しくより精度の高いインプラント上部構造製作を常に追求しており患者さん1名1名に合ったインプラント上部構造をご提供できる体制を整えております。

Copyright© 新港イトセ歯科 All Rihgt Reserved.


PAGE
TOP