大分でインプラント治療を行っている新港イトセ歯科の情報ページ

menu

大分インプラント新港イトセ歯科

多数歯欠損のインプラント症例

インプラントを埋め込んでから4ヶ月間の治癒期間が経過し骨と全部のインプラントは結合しましたのでインプラント上部構造となるジルコニアセラミック製のかぶせを製作し装着しました。
多数歯欠損2多数歯欠損1

インプラントとジルコニア製インプラントブリッジはダイレクトに繋ぐわけではなくマルチユニットアバットメントという部品を介して装着します。マルチユニットアバットメントは骨の中に埋め込まれたインプラントの上の部分つまり歯肉部分の厚みによってそれに合わせたサイズの種類が多数ありインプラント埋入の方向からインプラント上部構造へ角度を補正しなくてはならない場合などにも対応できる角度付きマルチユニットアバットメントもございます。
多数歯欠損3

多数歯欠損のインプラント症例のケースにおいて使用することが多く補綴様式もスクリュー固定式となるため後々のメンテナンスやインプラントオ上部構造のオーバーホール時などにも大変便利です。多数歯欠損の症例ではセメント固定したら取り外しが大変になるためスクリュー固定式にしておくことが重要となります。

 

  • インプラント1本16~24万円(税込)
  • ※インプラント治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は3~6ヶ月、治療回数は6~15回程度です。
  • ※インプラント治療終了後は年に3~4回程度定期健診に来院するようにご説明しておりますがそれに応じない方や個人のブラッシングの状況によりインプラント周囲に炎症が起こる場合がございます。

新港イトセ歯科
874-0923
大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府 2F
TEL:0977-21-4477
HP::http://www.itoseshika.com/

関連記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930