大分でインプラント治療を行っている新港イトセ歯科の情報ページ

menu

大分インプラント新港イトセ歯科

上顎全体のインプラント治療

仮の義歯を入れてインプラント治療を行っております。

歯がないと日常生活に困るので抜歯する前に義歯を製作し抜歯と同時に仮の義歯を入れて帰れるようにします。上顎骨がかなり前方に出ていて最終的な歯を入れるにあたり審美性を考慮した骨の整形も行いました。その骨の形状に合わせてインプラントを埋入するためのノーベルガイドを製作しました。

上顎に8本のインプラントを入れるには通常のインプラント外科手術ですと大掛かりになり腫れや痛みが大きなものとなります。ノーベルガイドを使用することにより手術時間は大幅に短縮され全体的な手術でも40~50分程度で治療可能です。インプラント手術の翌日患者さんが来院時も「思ったより痛みもなく腫れも少なかった」とおっしゃられておりました。ノーベルリプレイスCCというインプラントを8本しっかりとシュミレーションどおりのポジションに埋入しました。初期固定も十分でした。4ヵ月後最終的な歯を作るのでそれまでは1~2ヶ月に一度程度の消毒のみの処置で大丈夫です。

4ヵ月後最終的な人工歯を製作しました。

大分インプラントの新港イトセ歯科では、いきなり仕上げるのではなく最終的な形態と同じプラスチック製の仮モデルを製作し患者さんに見てもらい発音や噛んだ感覚舌触りなどをチェックしていただきます。この工程の一番重要な点はもちろん審美性に納得がいくかどうかということです。審美性を確認していただき歯の大きさ、形態、おおよその色の評価をいただきます。もちろんこの段階での修正は可能ですので気になる点や疑問点がございましたらご質問していただいたりご要望の聞き取りを行います。

2~3回この作業を行うことで納得のいく最終的なインプラント上部構造が出来上がります。最終的な歯は仮モデルの形態と同様のものになります。仮モデルをスキャンしそのコピーが最終的なインプラント上部構造に反映させるためです。仮モデルの形にご納得いただけますとおよそ1週間後に最終の歯が出来上がり装着して終了となります。
上顎全体のインプラント治療2

仮モデルの時点でかみ合わせの調整も終了しておりますのでほぼ調整なく装着が可能となります。

 

  • インプラント1本16~24万円(税込)
  • ※インプラント治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は3~6ヶ月、治療回数は6~15回程度です。
  • ※インプラント治療終了後は年に3~4回程度定期健診に来院するようにご説明しておりますがそれに応じない方や個人のブラッシングの状況によりインプラント周囲に炎症が起こる場合がございます。

新港イトセ歯科
874-0923
大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府 2F
TEL:0977-21-4477
HP::http://www.itoseshika.com/

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031