大分でインプラント治療を行っている新港イトセ歯科の情報ページ

menu

大分インプラント新港イトセ歯科

大分でインプラント(オールオン4)を受けられた症例

2011年に当院でインプラント治療を受けられ現在も継続的にメンテナンスに通院されている患者さんです。

インプラント手術前

80歳をすぎておられますがなんでもかむことができるといつもよろこびの声をいただいております。初診時はほとんどの歯が虫歯でなかなか食事もできなく困っているとのことでした。入れ歯は絶対に嫌なので長くもつのであればインプラントを希望しますとのことでしたのでレントゲンやCTシュミレーションのご説明をしたうえでインプラント治療を行いました。

上下とも虫歯の残根状態の歯はすべて抜歯し上顎4本、下額4本のインプラントを埋入し上下顎それぞれ12本のインプラント上部構造をセットしました。当時はインプラントの上部構造物はプロセラによるチタンフレームを内蔵したプロセラインプラントブリッジをよく使用しておりました。チタンフレームは比重が軽く腐食もしないため非常に安定した優れた物性が特徴です。

大分でインプラント(オールオン4)を受けられた症例

現在でもチタンフレームの剛性は他の追従を許さないものと言って過言ではありません。ただ患者さんはより審美性の高いジルコニアに変更を希望されましたので新しくジルコニア製のインプラントブリッジに作り直すことになりました。現在のチタンフレームのプロセラインプラントブリッジの歯の形態やかみ合わせはあっていますのでそれを3shapeの口腔内スキャナーで撮影後保存しました。歯型もとることなくスキャンボディといわれる部品をとりつけ3shapeの口腔内スキャナーで歯茎の状態をスキャンし最新のCADCAMで仮モデルを作成しすべてデジタルで新しいジルコニアブリッジを製作しました。

 

  • インプラント1本16~24万円(税込)
  • ※インプラント治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は3~6ヶ月、治療回数は6~15回程度です。
  • ※インプラント治療終了後は年に3~4回程度定期健診に来院するようにご説明しておりますがそれに応じない方や個人のブラッシングの状況によりインプラント周囲に炎症が起こる場合がございます。

新港イトセ歯科
874-0923
大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府 2F
TEL:0977-21-4477
HP::http://www.itoseshika.com/

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31