大分でインプラント治療を行っている新港イトセ歯科の情報ページ

menu

大分インプラント新港イトセ歯科

新港イトセ歯科は大分でインプラント矯正歯科、審美歯科の保険外診療を行う歯科医院です。

完全予約制となっておりますので治療にかかる時間に応じて予約を配分し極力待ち時間のないようになっております。診療室は全室完全個室となっており横に他人がいてプライバシーに関わる話を聞かれるなどということはございませんのでご安心いただければと思います。

今回は当院で行っております矯正歯科治療についてご紹介したいと思います。

新港イトセ歯科では矯正歯科治療の患者さんは別府市はもとより大分県各地(大分市、中津、佐伯、宇佐、杵築、豊後高田、豊後大野)から多くの患者さんが来院されております。国道10号線沿いのマンション内の2階ですので立地もわかりやすくアクセスがよいので大分県内だけでなく県外からでも来院しやすいとのお声をよくいただきます。
大分の新港イトセ歯科の外観

当院へ矯正治療を希望して来院される患者さんの多くは審美的な矯正を希望されております。ワイヤー矯正で唇側矯正の方はセラミックブラケットと白いワイヤーで治療することがほとんどですし舌側矯正(裏側矯正)で見えないように矯正することも多いです。

ここ数年は舌側矯正よりも透明で見えにくいマウスピース型で透明色のインビザラインという矯正装置を使用して矯正を行うことが多くなってきております。

インビザラインはまず口腔内スキャナーのi Tero elementという装置で口腔内を撮影し(およそ5~10分程度)海外でインビザラインマウスピースを製作いたします。

約2週間程度でインビザラインマウスピースが届きますので届きましたらこちらからお電話を差し上げて患者さんに御来院いただきます。初回はマウスピースの装着の練習をしっかりと行います。着脱には多少のコツがございますので慣れるまでよく指導を致します。インビザラインによる矯正治療がどのように進んでいくのかご不安をお持ちの方もいらっしゃると思いますがクリンチェックという3Dによる歯の動きをお見せすることにより理解が深まりどの時期にどの歯をどのくらい移動することが可能で数ヵ月後にどういう状態になっているかを把握することができますので大半の方はご安心頂いております。
納得のいかないことがございましたら何度でもその都度ご説明致します。

インビザラインマウスピースはビニールに小分けにされておりビニールに番号が打たれており、その番号のとおりに進めていくことになっております。初回は1番のインビザラインマウスピースを装着するのですが1番のインビザラインマウスピースを10日間継続してご使用していただきます。
インビザライン

11日目からは2番のビニールに入っているインビザラインマウスピースをご自身で装着していただきます。2番以降のインビザラインマウスピースは患者さんにお渡しいたしますのでご自宅で管理も容易で矯正治療が進行していきます。装着後の来院は1ヶ月目としておりそのときは3番か4番のインビザラインマウスピースを患者さんは使用されていることになります。しっかりできているかチェックするため初回のみ1ヶ月という短いスパンで来院していただきますがその後は2~3ヶ月に一度の来院でよいとご説明しております。来院時は歯のクリーニングを行い矯正治療中に歯肉炎や歯周病にならないように通常のご家庭でのブラッシングに加えて歯科衛生士がお手伝いしていくことになっております。歯科衛生士は国家資格ですので免許のない者が治療を行うことは当院ではございません。

歯のクリーニングとはいわゆる歯石除去という治療になりますがこれをスケーリングといい超音波の振動で歯石や歯の周囲に付着した磨き残しのプラークをきれいに取り除きます。スケーリングが終わりますと歯の表面を磨くため専用の機械でゆっくりと研磨します。これをPMTC(プロフェッショナルトゥースクリーニング)といい毎回来院時には行っております。これらの治療費用は最初の矯正治療費の中に含まれておりますので追加で費用が発生することはございません。また矯正治療中に虫歯にならないようにフッ素塗布も時々行います。当院で矯正治療をされた方はホワイトニングも無料でサービスとなっておりますのでインビザラインによって歯並びがきれいになりさらにホワイトニングにより白い歯を演出できますので多くの患者さんに非常に喜んでいただいております。

また銀歯を白くしたいなど審美歯科分野にわたる治療も行っておりますのでインビザラインで矯正治療が終了しましたらご相談いただければと思います。新港イトセ歯科で矯正治療を行った患者さんはセラミック治療などが大幅にディスカウントとなりますのでその際はぜひお申し付けください。

矯正治療を受けられている患者さんに共通して見られることですが治療が進行していきますとだんだん歯並びが整ってきますので患者さんの歯や口元に対する意識も向上していきます。インビザラインによる矯正治療で口元がきれいになれば自然と銀歯を白くして欲しいという願望がでてきますので他の部分があちこち気になってくるとよく言われます。

インビザラインの特徴はとにかく矯正装置が見えないで治療可能ですので多くの患者さんに好まれている点とワイヤーを使用した矯正のように食べ物がつまることもなくブラッシングも容易であるという点です。

インビザラインは通常抜歯を行わない軽度なケースに使用することが多いのですが、新港イトセ歯科では8割程度は抜歯症例となっており大きな移動様式を伴う矯正治療が可能な点が支持されております。他院でインビザラインやマウスピース矯正が無理と言われた方はぜひ当院を訪れてみてください。新港イトセ歯科は2017年は九州で最も多くのインビザラインの症例を行った歯科医院として認定されておりますので安心して治療を受けていただけます。

インビザラインは最初の治療計画が最も重要となりますのでどこの歯科医院で行っても同じではありません。インビザライン特有の移動様式もございますので歯科医師の経験と症例数が重要となります。

新港イトセ歯科
874-0923
大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府 2F
TEL:0977-21-4477
HP::http://www.itoseshika.com/
矯正歯科専門サイトはこちら>>

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031