大分でインプラント治療を行っている新港イトセ歯科の情報ページ

menu

大分インプラント新港イトセ歯科

上顎インプラントフルブリッジの症例

下顎は前歯部分はオールセラミックで審美性を回復。
臼歯部分は透明のアームの義歯となり通常の銀色のバネは見えないようになっております。

下顎もインプラントを希望されましたが相談の上審美義歯にすることになりました。

▼治療前写真
インプラント治療前
前歯のオールセラミックにあわせて人工歯の色を合わせたため十分に納得いく仕上がりとなっております。

当院の審美義歯は全て県外での製作になりますので納期がかかりますがインプラントが困難な場合は有効な治療法となります。
上顎はオールセラミックのインプラントブリッジとなり超高精度のCAD-CAMシステムで製作しております。

当院では2台のCAD-CAMミリングマシーンと2台のプロセラスキャナーを保有しております。口腔内スキャナーも2台あり歯型をあまり取ることがなくなりました。当院の設備は世界的に見ても現在考えられる最高水準までデジタル化されております。CAD-CAMを2台保有している歯科医院は全国的にもまれであると思われます。
CAD-CAMによる歯科技工物のメリットはとにかく細部まで行き届く精度の高さと人間の目と手でできうる操作を超えた美しい面を製作できるといったことが上げられます。旧来のメタルボンドと異なり圧倒的な透明感と審美性を実現しており患者さんにも高い満足が得られています。
▼治療後写真
インプラント治療後

またジルコニアを使用したセラミック(インプラント上部構造)は歯垢(プラーク)も非常に付着しにくいためインプラントが歯周病(インプラント周囲炎といいます)になりにくいと考えられます。ご自身での日常のブラッシングや当院に来られたときのメンテナンスもしやすいよう形態を考慮し製作しております。
初診時こちらの患者さんは人前で話すことが多い仕事をしているのでとにかく話しやすいようにしてほしいとのとおいしく食事をしたいとのことで固定式の歯を強く希望されておりました。今では何でも噛めるようになり好きなものを食べることができるようになりました。

今後は年に3回ほど当院へメンテナンスに来院されることになっております。メンテナンスとは歯科衛生士による専門的クリーニングを行います。PTC(プロフェッショナル・トゥース・クリーニング)、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)により継続的にインプラント周囲炎を予防します。

  • インプラント1本16~24万円(税込)
  • ※インプラント治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は3~6ヶ月、治療回数は6~15回程度です。
  • ※インプラント治療終了後は年に3~4回程度定期健診に来院するようにご説明しておりますがそれに応じない方や個人のブラッシングの状況によりインプラント周囲に炎症が起こる場合がございます。

新港イトセ歯科
874-0923
大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府 2F
TEL:0977-21-4477
HP::http://www.itoseshika.com/

関連記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031