大分でインプラント治療を行っている新港イトセ歯科の情報ページ

menu

大分インプラント新港イトセ歯科

10年経過した別府市でのインプラント症例

10年前にインプラントを希望され別府市の当院に来院された患者さんです。入れ歯を付けるのにかなり抵抗があり固定式の補綴物を強く希望されておりました。

上顎、下顎とも骨がかなり吸収しており特に上顎は臼歯部の骨が全くなくなってしまった状態でした。
10年経過したインプラント症例

下顎も臼歯部分の骨がインプラントを行ううえで不十分であり下顎神経を避ける意味でもオトガイ孔間に4本のインプラントを埋入することとしました。外側のインプラントはあえて遠心に傾斜しインプラントを埋入しております。
10年経過したインプラント症例

このように傾斜埋入を行うことで遠心への咬合力に対するインプラント上部構造にかかる負荷を軽減できることがわかっております。オトガイ孔間に6本のインプラントをまっすぐに埋入した場合と比べても遠心のインプラントネック部分にかかる応力はオールオン4の方が少ないとする大学の研究結果も学会等で報告されており根拠のあるインプラント技法となっております。

こうすることで骨の造成を防ぐことができ感染のリスクやどの程度骨ができて長期的にどの程度骨が残るかなど不確定要素が減少いたしますので患者さんの理解も得やすくなっております。上顎は遠心側のインプラントを「ハの字」方向に傾斜埋入することで下顎同様遠心方向へかかる負荷を軽減しております。上下顎とも4本のインプラントで12本のインプラント上部構造を装着しており10年経過した現在でも患者さんは入れ歯のように取り外す必要もなく快適に食生活を楽しんでおられます。

 

  • インプラント1本16~24万円(税込)
  • ※インプラント治療は自由診療(保険外診療)です。
  • ※平均的な治療期間は3~6ヶ月、治療回数は6~15回程度です。
  • ※インプラント治療終了後は年に3~4回程度定期健診に来院するようにご説明しておりますがそれに応じない方や個人のブラッシングの状況によりインプラント周囲に炎症が起こる場合がございます。

新港イトセ歯科
874-0923
大分県別府市新港町5-1シャインリゾート別府 2F
TEL:0977-21-4477
HP::http://www.itoseshika.com/

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031